第2回ビデオ屋さん大賞 大賞:告白 得点:823pt/投票者数:282人/偏愛濃度:2.92

これを大賞にしない企画なんてありえない告白

受賞のことば:監督中島哲也

ビデオ屋さん大賞を頂き、スタッフキャストを代表してお礼を申し上げます。『告白』はそれまでのメジャー映画会社が制作する映画の必要条件を、何ひとつ満たすことなく作られた映画です。こんなルール違反の映画が多くの方々に観ていただけたことを、とても嬉しく、少し誇らしく感じています。笑えず、泣けず、救いも無く、でもオモシロイ映画が、この世にはたくさんあります。これからもそんな映画が数多く作られることを願いつつ…受賞の言葉とさせていただきます。本当にありがとうございました。

STORY

湊かなえの大ヒット小説を、『下妻物語』の中島哲也が映画化。愛娘を殺された女教師の復讐劇の行方を、スリリングかつトリッキーに活写する。女教師を演じた松たか子の迫真の演技に度肝を抜かれる衝撃作だ。

告白
お店からのコメント!
  • 心の隅で松たか子イイゾと思う自分がコワイ!(平安堂若槻店/レンタル/阿部宝美♀)
  • 2回観ようとは思えないほどの衝撃!!(ビデオアメリカ甘木インター店/アルバイト/24)
  • 私は、この作品を面白いと「告白」します。(チャーリーブラウン沖浜店/佐々木 聡26♂)
  • 言葉を失ってしまうくらい、衝撃的な内容でした。(サンタナ柳川店/浦 智元31♂)
  • 娘を殺した犯人が未成年。しかも自分の教え子。そして復讐。この作品を映画化した監督がスゴイと思う。(サンタナ大川店/39♂)
  • ラストの画面がブラックアウトした後の森口先生のセリフに、背筋が凍りました。あれ以来、松たか子さんが怖くて直視できません…。(ゲオ)
  • 文句なしの名作。今年の賞レースで、これを大賞にしない企画はあり得ない。(フタバ図書三次店/店長/日南住祥平35♂)
  • “子どもが子どもを殺す”という衝撃のテーマはもちろん、何より松たか子の感情を抑えた渾身の演技に圧倒されました。最後の、松たか子が「どかーん」と言うシーンは1年以上経った今でも強く印象に残ってます。(ゲオ)
  • 結局2011年、この映画を上回る作品は現れず。(ウッドランド/副店長/徳田朗久35♂)
  • この映画…怖い!(USV堀田店/副店長/山川英之27♂)
  • 邦画新時代の金字塔と言っていい超重要作です。(レンタル店/27♂)
  • 原作を読んでいなかったので、まずストーリーのヤバさにやられた。奇抜なストーリーと中島監督の映像表現が融合した独特の世界が新鮮で、子どもとお年寄り以外には是非オススメしたい。(セル店/31♂)
  • やっぱりこれは外せないです。内容にしろ、映像にしろ、完璧です。何回観ても衝撃は衰えません。(レンタル店/映像バイヤー/27♀)
  • 娘と同世代ということもあり、衝撃的でした。松たか子の演技力も凄い。(レンタル店)
  • 社会に影響を及ぼす映画。(アペックス/アルバイト/26♂)
  • 内容、展開、演出どれもド肝を抜かれました。さすが中島哲也!!キャストの熱演もすごかった。特に松たか子は怖かった!(ウッドランド/アルバイト/中村 稔26♂)
  • さすが中島哲也監督!と言いたくなるテンポのよい演出。重いテーマを重いと感じさせない、見事なエンタテインメント大作です。(ゲオ)
  • 今年の邦画部門No.1。(ゲオ)
  • 衝撃的な作品。命の尊さを考えさせられました。(レンタル店/36♀)
  • 演技、内容ともにダントツで今年1番!!(チャーリーブラウン沖浜店/23♂)
  • 冒頭、松たか子の衝撃の告白に始まり、終始、入り込んだままでした。最後まで緊張感を持たせる展開が素晴らしかった!(フタバ図書GIGA上安店/店長/横山史紀37♂)
  • とてもブラックなのに、スゴく引き込まれる不思議な作品。(レンタルビデオショップ ファミリア/アルバイト/林 宏治29♂)
  • 美しい映像にクラシックが流れ、その中で繰り広げられる人間の生き地獄をまざまざと見せつけられる。(レンタル日の丸都立大店)
  • 松たか子の“あの”セリフと演技に、「見事」と言うしかない。(クルー/樋口光一/♂)

その他の結果はコチラ!

  • マチガイないTOP10 2位〜10位
  • 掘り出し物がたくさん! 11位〜100位
  • ジャンル別に見るなら ジャンル別特別賞
  • この人を褒めたたえたい 個人賞
TOP10+特別賞に輝いた作品の動画が觀られます!
ビデオ屋さん大賞Twitter

ビデオ屋さん大賞とは?

  • 賞の概要
  • 各作品枠内データの見方
  • ■ 第1回の結果はコチラから!第1回ビデオ屋さん大賞
  • ■ 鑑賞記録をつけて、ビデオ屋さん大賞をさらに楽しく!KINENOTE

ページトップへ