キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT vol.15「ナラタージュ」No.1757

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT vol.15「ナラタージュ」No.1757

Special Issue1
松本潤と振りかえる。
「ナラタージュ」と全映画


『当時、大船にあった松竹の撮影所に新橋から青い電車に乗って通った』松本潤初映画「新宿少年探偵団」のことにはじまり、今回の「ナラタージュ」に至るまでの出演映画を松本自身が全解説。「松本潤さんに思い出してもらいました! 」
ロングインタビューと自身による全解説で、合計1万1000字!



(雑誌コード:20726-9/19)

定価 926円+税
刊行 2017年9月12日
判型 A4
ページ数
発行元 キネマ旬報社
ISBN

目次・中身確認

  • 1
  • 2
  • 3

購入

  • Amazon.co.jpで購入

内容

Special Issue2
浜田毅カメラマンが語る
ファインダー越しの二宮和也
「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」より


『二宮くんは勘もいいし芝居のリズムを持っている役者。だからカメラ越しに息がピタッとあって、撮ってることが楽しかった』、『ちょっと人見知りなところもあり、可愛いなと思う一面だった』――などなど、名カメラマン浜田毅に撮影現場で見た二宮和也のことををインタビューしました。場面写真とメイキング写真満載です! 

Special Issue3
20代がまた映画を開く! (LONG INTERVIEW)

28歳 佐藤健 無駄のない美しさ 
28歳 松坂桃李 天性として持つ、俯瞰の目、品性、情熱
24歳 山田涼介 急に現れるんで。僕が知らない『僕』が 
20歳 村上虹郎 成熟していく“過程"が、僕は好きです

Special Issue Closs Talk
恋する秋映画
「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」の妻夫木聡×水原希子が語り合いました! 


不定期連載
映画は女優でまわってる

吉高由里子、再起動! 
ナタリー・ポートマン×シャネルのミューズ、リリー=ローズ・デップ
愛の女(ひと)、モニカ・ベルッチ

Shooting Reports
新着! 撮影現場ルポ

生田斗真×広瀬すず「先生! 、、、好きになってもいいですか?」
佐藤健×土屋太鳳「8年越しの花嫁 奇跡の実話」

Presents
「先生! 、、、好きになってもいいですか?」完成披露試写
「泥棒役者」完成披露試写

書籍検索

検索