キネマ旬報 2017年11月上旬特別号 No.1762

喧噪に満ちたネオン街、降り注ぐ酸性雨、人間の意義を危うくする人造人間<レプリカント>の存在  強烈で退廃的な近未来像を提示し、SF 映画の金字塔となった「ブレードランナー」(82)。35 年の時を経て、待望の続篇がついに公開される。リドリー・スコット製作総指揮、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のもと、再び動き出した物語は、21 世紀の現在に何を問いかけるのか? 謎のベールに包まれた最新作の魅力に迫る!

定価 900円+税
刊行
判型 B5
ページ数
発行元 キネマ旬報社
ISBN

目次・中身確認

  • 1
  • 2
  • 3

購入

  • Amazon.co.jpで購入

内容

■太賀
■特集「ラストレシピ」第1弾 対談:西島秀俊×宮﨑あおい、滝田洋二郎インタビュー/「女神の見えざる手」/「彼女がその名を知らない鳥たち」対談:白石和彌×蒼井優/「婚約者の友人」
■追悼ジョージ・A・ロメロ/野上照代が語る「天国と地獄」後篇/監督インタビュー 金子修介(「リンキング・ラブ」他)、イヴァーノ・デ・マッテオ(「はじまりの街」)
■現場ルポ「孤狼の血」①、「寝ても覚めても」

書籍検索

検索