キネ旬総研エンタメ叢書 “日常系アニメ”ヒットの法則

キネ旬総研エンタメ叢書 “日常系アニメ”ヒットの法則

『けいおん!』『らき☆すた』『ひだまりスケッチ』『あずまんが大王』……。昨今、「日常系」と呼ばれるアニメがムーブメントを起こしている。
「日常系」とは一体どんな作品なのか? どのようにして「日常系」作品は生まれてきたのか? ゲームやライトノベルとの意外な関係とは?
「日常系」の誕生とその裏側を、社会情勢やサブカルトレンド、メディア環境の変化やコンテンツ市況と関連付けて徹底分析! 日常系アニメ、ヒットのカラクリを解き明かす。

著者  キネマ旬報映画総合研究所 編

定価 1200円+税
刊行 2011年5月下旬
判型 四六判
ページ数 192
発行元 キネマ旬報社
ISBN 978-4-87376-359-0

目次・中身確認

  • 1
  • 2
  • 3

購入

  • Amazon.co.jpで購入
  • エルパカBOOKSで購入
  • セブンネットショッピングで購入

内容

【目次より】

 

●序章 “わからない”物語

 

●第1章 “日常系”とは何だ?

数字で見る『らき☆すた』『けいおん!』のヒット

『けいおん!』の売上は『アバター』以上?

「日常系」の起源『あずまんが大王』

描かれるのは「当たり前の日常」

「萌え4コマ」と“美少女”キャラクター 

なぜ物語性が希薄なのか

日常系作品のDVD売上や視聴率は?

 

●第2章 日常系を生んだ“空気”とは何だ?

ポケモンが牽引した“物語の権威失墜”

物語をなくした『どこでもいっしょ』

コミュニケーションを目的とする美少女ゲーム

18禁アダルトゲームに見える“日常”

『ラブプラス』の革新性

(キャラクター描写 物語)=アニメ原作向き

オタクの聖地に生まれた新たなアイドル像

21世紀以降のヒットコンテンツに共通するものは?

 

●第3章 日常系を受け入れた“空気”とは何だ?

動画共有サイトで変わる視聴形態

「データベース消費」は「細切れ」で流通させやすい

“途中参加可能”で敷居が低い

現実そっくりの背景美術

「実体として存在しているか否か」は問われない?

「セカイ系」に対する反動としての「日常系」?

彼女は“俺の嫁”だ

 

●第4章 “日常系”を作り出したのは誰だ?

“多数のヒロイン”の登場

「美少女アニメ」の爆発的増大

そして、『あずまんが大王』へ

『あずまんが大王』と『らき☆すた』をつなぐもの

キャラクターの個性が際立っている『けいおん!』

『けいおん!』を作った会社①——京都アニメーション

『けいおん!』を作った会社②——TBS

『けいおん!』を作った会社③——芳文社

 

●第5章 “日常系”はなぜ作られた?

低迷する地上波テレビ

物語性の強さは必ずしもビデオグラム販売に向かない

“違和感”の正体

市場傾向と真逆のヒット作『けいおん!』

「音楽は最高の宣伝媒体」

「声優によるバンド活動」の話題性、「本物の音楽」の追究

作品の評価に関する「視点のズレ」

 

●終章 “日常系”がもたらしたもの

書籍検索

検索