キネ旬総研エンタメ叢書 3Dは本当に「買い」なのか

キネ旬総研エンタメ叢書 3Dは本当に「買い」なのか

映画「アバター」の世界的ヒット。パナソニックが世に送り出した、世界初のフルハイビジョン3Dテレビ。両者の与えた衝撃と共に、「3Dエンタテインメント」の時代が幕を開けた。
各社が総力を挙げた成果により、ハードだけでなくコンテンツも充実した。しかし、我々は「3D」の何を知っているのだろうか? どうして3D立体視が成立するのか? 過去の3Dと何が違うのか?
「3D」にまつわる技術や市場動向、そして歴史。これらを紐解きながら、皆が抱く疑問をひとつずつ解き明かす。さらに、興味を抱かずにはいられない、3D技術の未来にも迫る!

著者  キネマ旬報映画総合研究所 編

定価 1300円+税
刊行 2011年5月下旬
判型 四六判
ページ数 216
発行元 キネマ旬報社
ISBN 978-4-87376-360-6

目次・中身確認

  • 1
  • 2
  • 3

購入

  • Amazon.co.jpで購入
  • エルパカBOOKSで購入
  • セブンネットショッピングで購入

内容

【目次より】

 

●序章 3Dブームを正しく理解する

3D映画の大ヒットが果たした役割

3Dブームは果たして本物なのか?

 

●第1章 3D映像の基本を知る

3Dの仕組みって、一体どうなってるの?

映画の「立体映像」のようには見えないの?

3Dの元祖『ステレオスコープ』って?

赤青メガネの『アナグリフ』って何?

3Dってどんなサービスや製品で採用されてるの?

3Dの意外な活用事例って?

どこに行けば3D映像を体験できるの?

意外な場所でも3D映像を体験できるって本当?

 

●第2章 3D映像を観る ①劇場編

3D映画の映写方式ってひとつじゃないの?

『IMAXデジタル3D』ってどんな仕組み?

『RealD』ってどんな仕組み?

『XpanD』ってどんな仕組み?

『ドルビー3D』ってどんな仕組み?

子供向けメガネ、メガネ使用者向けのメガネってあるの?

3Dはなんで暗く見えるの?

なぜ3D映画は鑑賞料金が高いの?

 

●第3章 3D映像を観る ②ホームエンタテインメント編

3Dテレビってどんな仕組み?

どのテレビでも使える3Dメガネってないの?

「クロストーク」って何?

メガネなしの3Dテレビってないの?

「Blu―ray 3D」のソフトを楽しむには何が必要?

3Dテレビ放送は「フルHD」じゃないの?

3Dテレビ放送の「サイド・バイ・サイド方式」って?

ニンテンドー3DSってなんでメガネをかけなくていいの?

 

●第4章 3D映像を作る

3D撮影した動画はどうやって見るの?

撮った3D動画をブルーレイディスクに保存できるの?

3D映画って、どうやって撮影しているの?

2D映像を後から変換して作る3D映画があるの?

どうやって2Dを3Dにするの?

アニメも3D化できるの?

 

●第5章 3D映像を疑う

3Dは目に悪い?

「崩れた3D映像」が目に与える影響とは?

3Dテレビの2D―3D変換機能って?

3Dテレビって、なんでメガネがひとつしかついてないの?

3D製品って今買っても損しない?

鍵は3Dテレビの存在?

買った3Dハードを絶対に無駄にしたくないなら?

 

●第6章 3D映像の未来

他にはどんな3D表示があるの?

3Dは映像の完成形と言えるの?

2010年は3Dテレビブームだった?

2010年、3Dに吹いた追い風って?

これからの3Dテレビ市場はどうなる?

「3Dテレビ」はなくなる?

家電メーカーの狙いは?

3D映画の人気は続く?

書籍検索

検索