映画・映像産業ビジネス白書 2012-2013

映画・映像産業ビジネス白書 2012-2013

定価 12000円+税
刊行 2012年6月下旬
判型 A4判
ページ数 248
発行元 キネマ旬報社
ISBN 978-4-87376-397-2

目次・中身確認

  • 1
  • 2
  • 3

購入

  • Amazon.co.jpで購入
  • エルパカBOOKSで購入
  • セブンネットショッピングで購入

内容

【内容】
映画興行、DVD・ブルーレイソフト(セル/レンタル)から、有料放送、VOD、配信まで、映画・映像ソフトの産業データを網羅。
さらに今年度版では、巻末にまとめていた各種産業データを大増量!かつてないボリュームで基礎データを掲載。
もちろん、毎年好評の「世界の映画産業」などの特集もしっかりとおさえ、内容の充実度は前年版を確実に凌駕。
過去最高の映画・映像産業白書となりました!

【各章の内容】
第1章:映画興行市場
興収、入場者数、公開本数、鑑賞回数など各種データを網羅
SECTION.1 映画興行全体概況
SECTION.2 日本映画概況
SECTION.3 外国映画概況
SECTION.4 配給会社概況
SECTION.5 製作国別配給状況
ほか

第2章:パッケージソフト市場
メディア別/流通別出荷概況、ジャンル別ランキング、店頭状況などを網羅
SECTION.1 パッケージソフト出荷概況 SECTION.2 セル市場概況
SECTION.3 レンタル市場概況
SECTION.4 市場/ユーザー動向
SECTION.5 パッケージリリース、放送などウインドウ一覧
ほか

第3章:有料放送/配信市場
市場概観、各社概況、米国市場概況など SECTION.1 有料放送・配信市場概況
SECTION.2 有力事業者概況
SECTION.3 米国における有料放送・配信市場概況 ほか

第4章:世界の映画産業
各国概観
SECTION.1 米国市場概況
SECTION.2 欧州市場概況
SECTION.3 韓国市場概況
SECTION.4 中国市場概況
ほか

第5章:日本映画の国際化
共同製作作品の実績、輸出実績、中国などへの権利販売実績など

第6章:映画・映像関連統計
日本映画産業の推移、スクリーン数の推移、興行収入の推移、公開本数の推移、年度別興収ランキング、
年度別/ジャンル別パッケージソフトランキング、テレビ放送における映画の視聴率一覧、フィルムコミッションの実績一覧など

書籍検索

検索