ウディ

ウディ

監督最新作「カフェ・ソサエティ」 5月5日公開!
プライベートな話題にも切り込む最新評伝!

2015年11月にアメリカで刊行されたウディ・アレンの最新評伝『WOODY The Biography』の翻訳本。
前半は、彼がいかにして映画界に入り、俳優、脚本家を経て、監督、そしてメジャーヒットを生み出すまでに至ったかを辿り、後半では、親友ディック・キャヴェットへのインタビューに始まり、結婚や養女とのスキャンダル事件といった私生活面、そして映画に挑戦し続ける現在の彼までを描く。またこれまで一切コメントをしていなかったアレンの最初の妻ハーレーンのインタビュー、さらに2015年4月に実現したウディ本人と著者とのミーティングを収録。

著者  デイヴィッド・エヴァニアー

定価 3,700円+税
刊行 2017年4月21日
判型
ページ数 540
発行元 キネマ旬報社
ISBN 978-4-87376-443-6

目次・中身確認

  • 1
  • 2
  • 3

購入

  • Amazon.co.jpで購入
  • エルパカBOOKSで購入

内容

【目次】 イントロダクション こうして私はウディのところへ
第1章 とにかく魅せられてしまった
第2章 書くことが彼の救いとなった
第3章 実録版・ブロードウェイのダニー・ローズ
第4章 それはウディなんです
第5章 ハチミツ風呂につかって
第6章 彼が愛する街のように、タフでロマンティック
第7章 レオナード・ゼリグを救った女
第8章 ディックとウディ
第9章 偉大なるものへの恐るべき教訓
第10章 セックスと嘘とビデオテープ
第11章 ウディは(またしても)帽子からウサギを取り出す
第12章 不屈の強さをひそめて
エピローグ/フィルモグラフィ バイオグラフィ

書籍検索

検索