会社概要 CAMPANY PROFILE

社名 株式会社キネマ旬報社
所在地 【5月9日より移転しました】
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-7-14 VORT九段2F
交通機関 東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」駅、
東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅、
東京メトロ東西線・半蔵門線「九段下」駅、より徒歩10分
地図


大きな地図で見る

役員構成 代表取締役社長 星野 晃志
創立 1923年(雑誌創刊は1919年)
資本金 10,000,000円
企業理念 文化や産業、情報や事象の本質と価値を捉えて発信することで、
人間の知的・文化的・経済的活動に貢献する
事業内容

●雑誌『キネマ旬報』『acteur(アクチュール)』等の発行

●業界誌『ビデオ・インサイダー・ジャパン』 『DVDナビゲーター』の発行

●映画ライフログサイト『KINENOTE』の運営

●書籍、ムックの発行

●イベント、セミナー、上映会などの企画、運営

●映画データベースの提供

取引銀行 三井住友銀行 横浜銀行 あおぞら銀行 りそな銀行 日本政策金融公庫 商工中金 みずほ銀行
三井住友信託銀行 山梨中央銀行
URL

●キネマ旬報社 http://www.kinejun.com/

●KINENOTE http://www.kinenote.com/

沿革
1919年 7月
「キネマ旬報」創刊
1923年 7月
株式会社キネマ旬報社創立
1952年 3月
株式会社キネマ旬報社設立
1987年11月
株式会社ギャガ・コミュニケーションズ出版事業部発足。
「ビデオ・インサイダー・ジャパン」発刊
2000年 4月
株式会社ギャガ・コミュニケーションズ出版事業部分社化により、
株式会社ギャガ・パブリッシング設立
2000年 9月
株式会社ギャガ・パブリッシング、「DVDナビゲーター」発刊
2002年 4月
株式会社カミングスーン・ティービーと株式会社ギャガ・パブリッシングが合併、株式会社ギャガ・クロスメディア・マーケティング発足
2002年12月
株式会社ギャガ・クロスメディア・マーケティング、株式会社キネマ旬報社の株式81%を取得し子会社化
2007年 6月
MBOにより独立 
2007年 9月
株式会社ギャガ・クロスメディア・マーケティングが株式会社フットノートに社名変更、株式会社キネマ旬報社を完全子会社とする
2008年 1月
株式会社キネマ旬報社を存続会社として、親会社の株式会社フットノートを吸収合併
2012年 1月
子会社として株式会社キネマ旬報映画総合研究所を設立
2012年10月
株式会社キネマ旬報映画総合研究所を株式会社キネマ旬報DDに社名変更し、
映画、映像コンテンツのデジタルディストリビューション事業に参入
2013年 2月
千葉県柏市に映画館 TKPシアター柏 supported by KINEJUNを開館
2014年 6月
TKPシアター柏 supported by KINEJUNをキネマ旬報シアターへ名称変更
2014年11月
パンフレット制作事業を開始