『2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン』第1位作品&各個人賞発表!

2019年2月4日

『2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン』第1位作品と各個人賞は以下のとおりに決定しました。

○作品
【日本映画ベスト・テン第1位】「万引き家族」(監督/是枝裕和 配給/ギャガ)
【外国映画ベスト・テン第1位】「スリー・ビルボード」(監督/マーティン・マクドナー 配給/20世紀フォックス映画)
【文化映画ベスト・テン第1位】「沖縄スパイ戦史」(監督/三上智恵、大矢英代 配給/東風)
【読者選出日本映画ベスト・テン第1位】「万引き家族」(監督/是枝裕和 配給/ギャガ)
【読者選出外国映画ベスト・テン第1位】「スリー・ビルボード」(監督/マーティン・マクドナー 配給/20世紀フォックス映画)

○個人
【日本映画監督賞】瀬々敬久「菊とギロチン」「友罪」
【日本映画脚本賞】相澤虎之助、瀬々敬久「菊とギロチン」
【外国映画監督賞】マーティン・マクドナー「スリー・ビルボード」
【主演女優賞】安藤サクラ「万引き家族」
【主演男優賞】柄本佑「きみの鳥はうたえる」「素敵なダイナマイトスキャンダル」「ポルトの恋人たち 時の記憶」
【助演女優賞】木野花「愛しのアイリーン」
【助演男優賞】松坂桃李「孤狼の血」
【新人女優賞】木竜麻生「菊とギロチン」「鈴木家の嘘」
【新人男優賞】寛一郎「菊とギロチン」
【読者選出日本映画監督賞】是枝裕和「万引き家族」
【読者選出外国映画監督賞】マーティン・マクドナー「スリー・ビルボード」
【キネマ旬報読者賞】立川志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」
【特別賞】樹木希林

特別賞の新設に関して
『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎えます。1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。
そこで、100周年を迎えた本年より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。
本年度は、女優として長年にわたり日本映画に多大なる貢献をされた樹木希林さんにキネマ旬報社より、特別賞を進呈します。
(※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております)
 
※各作品部門2~10位に関しては2月5日発売『キネマ旬報 2月下旬キネマ旬報ベスト・テン発表特別号』に掲載します。弊社運営WEBサイト『KINENOTE』では、2月10日に一覧を発表します。