キネ旬メルマガ バックナンバー

下へ

キネ旬
メルマガ

Vol.059

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□┓  メルマガ KINEJUN Vol.059
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

キネ旬メルマガ事務局の森岡です。

先日、歌舞伎を観に行きました。歌舞伎を観るのは初めてのことで、非常に刺激的な体験
でした。歌舞伎そのものを語るには私自身あまりにも知識がないので語りませんが、会場
となった新橋演舞場と、普段行き慣れた映画館の違いはとても新鮮だったので少しだけ。

場内での飲食は固くお断りします、などのアナウンスが珍しくない映画館に対して、長い
休憩時間(30分)が取られた幕間に、客席でお弁当を食べる人がいっぱいいる光景に驚き
ました。歌舞伎では当たり前の光景なのかもしれませんが、皆さん食事を含めて観劇する
ことを心から楽しんでいる姿に感心しました。映画館では飲食が禁止であることもそうで
すが、そもそもゆっくり食べるような長い休憩時間がないのが当たり前。

映画館以外での視聴機会が増えている中、映画館の差別化の必要が迫られていると思いま
す。歌舞伎の観劇スタイルは、家では味わえないものです。翻って今の映画館は?そんな
ことを考えました。

それではメルマガをどうぞお楽しみください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□┓  目  次 
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

1.『キネマ旬報』8月上旬号は、世界大ヒット記録更新中の「アベンジャーズ」!

2.これからの「DVD」の話をしよう

3.コリアン・カフェ ~タバン☆タバン~

4.デジタルでいこう!-KINENOTE ランキングページ活用術-     

5.MOVIE REVIEW ――「ボーイズ・オン・ザ・ラン」  

6.インフォメーション

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
□┓ 1.『キネマ旬報』8月上旬号は、世界大ヒット記録更新中の「アベンジャーズ」!
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

4月25日より世界各国で公開され、記録ラッシュを続けている「アベンジャーズ」。

今夏最大・最強の注目作を、『天元突破グレンラガン』などの今石洋之監督、
短篇特撮映画「巨神兵東京に現わる」などの樋口真嗣監督、
劇団☆新感線の座付き作家でありながら二人の監督作品ほか
『仮面ライダーフォーゼ』など特撮作品の脚本も手掛ける中島かずき氏――
今日の日本映画、アニメーション、特撮シーンに欠かせない三方が終結し、
“これぞスーパーヒーロー映画だ!”と大絶賛する「アベンジャーズ」の魅力を
とことん語り尽くします。

加えて、アメコミの翻訳家であり研究家の第一人者、小野耕世さんの映画評。

そして小誌編集部は世界歴代3位の世界興収を受けての日本展開にも注目、
ディズニー宣伝部にその真意を聞いて参りました。
果たして日本ではどんな盛り上がりを見せてくれるのか――
世界最終のトリを務める日本公開は8月14日。

このお祭りは楽しまなきゃ損です!

(キネマ旬報編集部 岡崎優子)

■第2特集は――安岡力也そしてスクリーンを横切った俳優(おとこ)たち
2012年4月8日、安岡力也が逝った。
享年64。
兄貴分・内田裕也が語り尽くす“力也像”。
映画の中で巨躯を自在にする力也の一途、細心、優しさ。
さらには、神代辰巳監督の傑作「嗚呼!おんなたち 猥歌」や
「ブラック・レイン」でのエピソードが
内田裕也の肉声で語られる。

そして小誌がどうしても記したかったのが
数々の映画やOVにその姿を刻んだ力也のスクリーンデビュー作、
和田嘉訓監督の代表作「自動車泥棒」。
60年安保闘争の勝利のあと、
東京オリンピックで沸く日本で、
本作はひっそりと公開される。
このデビュー作と安岡力也を符合させる、映画批評家・浦崎浩實。

そんな安岡力也の死を悼み、
スクリーンの中央ではなく、
スクリーンを横切った俳優たちの記憶を辿る本企画。

監督・内藤誠が思い出の脇役たちを、
そしてイラストレーターの宇野亞喜良が、脚本家の掛札昌裕が、
文芸評論家の坪内祐三が、作家の橋本治が綴る
それぞれにとっての忘れられない脇役たちの記憶。

ここでしか触れることのできないことばがあふれている貴重な特別企画。
乞う、ご高覧あれ。

(『キネマ旬報』明智惠子)

■『キネマ旬報』8月上旬号の詳細はこちらから
http://www.kinejun.com/kinejun/tabid/62/Default.aspx

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□┓ 2.これからの「DVD」の話をしよう
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

すごーく欲しいソフトがある。劇場で大泣きして、この作品に出会えたことや、作品に
関わった全員に感謝したくなるような、本日現在「2012年No.1」の映画。
でも実は、まだパッケージ購入に踏み切れていない。その理由はすごくシンプルで、
「人生において大切な作品」という私の想いとは大きくかけ離れた仕様だったからだ。

DVDとブルーレイが同梱された「コンボ」でリリースされているその商品は、青のプラス
チックで囲まれている。その青が、DVDと区別するための「心配り」であることは知って
いるが、どうしても安っぽく見えるし、そもそもジャケットビジュアルに合っていない。
しかも、ケースはパカパカ。

3000円を払うのに、大好きな映画を不本意な状態で手に入れるという敗北感、そしてそれ
以上に、モノとして愛情を注がれなかったその作品に憐みさえ感じてしまったのだ。

これが、超主観的な不満だということは承知の上だ。
「全員の要望を満たすなんてできないでしょ!」という反論も理解できるし、メーカー側
の事情だってある程度分かっているつもりでいる。

でも、「パッケージを購入する」ということ自体が極めてマニアックな行為だからこそ、
ファンを満足させるための「モノづくりの徹底」は必然ではないだろうか。

セル市場でトップ2のシェアを誇っている音楽&アニメジャンルでは、「ファンが喜ぶもの
は何か」という視点から商品仕様が決まっているように思える。装丁も豪華だし、同封され
た冊子も凝っているし、限定グッズやら特典映像やら盛りだくさんで、「買わせる仕掛け」
が満載だ。この思想を映画でも応用すればいいだけなのだけれど、なかなか上手くいってい
ないような気になってしまう。

(『月刊ビデオ・インサイダー・ジャパン』『月刊DVDナビゲーター』編集部 佐野裕美 )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□┓ 3.コリアン・カフェ ~タバン☆タバン~   
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

いよいよ本格的な夏到来!今回は暑くて寝付かれない夜にオススメの一冊をご紹介。究極の
ラブロマンスといえばもちろん「ロミオとジュリエット」ですよね。その朝鮮王朝版ともい
えるのが、2011年に韓国で大ヒットした時代劇『王女の男』(現在NHK-BSプレミアムでも
好評放映中)。その日本版小説が早くも登場です!

本作品は、15世紀半ばに実際に起きた王位奪取事件「癸酉靖難(ケユジョンナン)」がモチ
ーフ。敵対しあう首陽大君(後の第7代王・世祖)と第5代王・文宗の重臣・金宗瑞の子供
たちが、互いの身分を知らずに愛し合い、やがて宿敵となってしまう悲劇を描きます。

首陽大君の娘・セリョンは、突如として舞い込んできた縁談に当惑。その相手とは金宗瑞の
次男で王女の教育係でもあったスンユ。セリョンはスンユを見定めようと、王女になりすま
して講義に出席し、ふたりは出会います。最初は反発しあうものの、徐々に惹かれあってい
くふたり。しかし、いみじくも首陽大君がクーデターを決行し、金宗瑞を惨殺。ふたりは運
命の渦に飲み込まれていくのです。

ラブロマンスといえど、朝鮮王朝第5代から7代までの歴史的事実をしっかり描き、骨太の
作品に仕上がっているのが本作の魅力。日本版小説では、歴史小説家としても評価の高い金
重明が日本の読者向けに歴史背景を加筆し、読み応え十分です。また主人公ふたりの男女の
愛はもちろん、親子愛、夫婦愛、師弟愛など、さまざまな愛の形が要所要所にちりばめられ
た珠玉の一作といえるでしょう。

「ロミオとジュリエット」では毒薬を飲んで死に至るラストがあまりにも有名ですが、この
『王女の男』でもあっと言わせるラストが待ち構えています。是非小説でご確認を!

(出版編集部 呉 美智)  

『王女の男』上、下 
http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-402-3/Default.aspx

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□┓ 4.デジタルでいこう!-KINENOTE ランキングページ活用術-  
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

◇映画、ユーザーランキングを拡大しました!
http://www.kinenote.com/main/public/ranking/index2.aspx

映画ランキング、ユーザーランキング共に、
直近30日間は50位まで、累計は100位までランキングを見れるようになりました。

KINENOTEのランキングは、
劇場公開、テレビ放映、DVDリリースが如実に反映され、
今どういった映画が人気で、どういう評価をされているのかを多角的に調べることができます。

平均得点ランキングや5つ星ランキングに、
『となりのトトロ』、『千と千尋の神隠し』が入ってきているのは、
日テレの金曜ロードSHOW!で放映されて再評価されているんだな!?

評価人数ランキングに、
『ヘルタースケルター(2012)』が入ってきている!
話題作公開後のレビューをチェック!!

などなど、
皆さん観たい映画を決めあぐねている場合は、
ランキングページを是非ご活用ください♪

--------------------------------------------------------------------------・・
★映画ライフログ「KINENOTE」オープンしました!
http://www.kinenote.com/

★KINENOTE(SNSページ)
twitter⇒https://twitter.com/KINENOTE
facebook⇒http://www.facebook.com/KINENOTE

★お問い合わせ先 digibu@kinejun.com

(デジタルメディア事業部 加嶋雄一)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□┓  5.MOVIE REVIEW ――「ボーイズ・オン・ザ・ラン」
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

掃き溜めのような会社に咲き誇る高嶺の花、全社員のマドンナである女の子が、ちょっと手
を伸ばせば届く存在に。
しかし、彼女を大切にしたいという思いから、すぐには手を出さない。いや、若気の至りと
しか釈明できないようなアクシデントに見舞われ、出すに出せないでいたその間に、彼女は
親友だと思っていた男に抱かれ、あろうことかそのまた同僚にも抱かれるエロ女に! 

なんでアイツらに抱かせて俺にはヤラセないのか。モテない男が一生に一度の奇跡を手にし
ようとしていたのに、イケている男たちにあっさりと寝取られてしまう。

ふざけるな! でも大好きだ! そんな気持ちの爆発を描き、全日本のモテない男たちの必
修映画となった(と言っても過言ではない)「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。花沢健吾の同
名コミックが原作になっている本作の主人公・田西敏行をロックグループ『銀杏BOYZ』のボ
ーカル、峯田和伸が快演している。
恋敵の松田龍平との決闘シーンはもちろん最大の山場だが、田西が決闘前夜にカラオケで熱
唱する岡村孝子の『夢をあきらめないで』はすべてのモテない男たちの心に響く感動・感涙
のパフォーマンス、必見です。

(マーケティング部 栗原祥)

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=40586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□┓ 6.インフォメーション
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

●『キネマ旬報映画データベース』アプリ 最新データを追加した2012年版 発売中!

1945年から2011年5月までの日本公開作品を中心に、邦画・洋画約4万5千タイトル以上、
映画関係者の人名20万件以上を網羅した、日本最大級の映画データベースをスマートフォン、タブレットでご利用できます。劇場、DVD、テレビ放映、VODなど映画に接するあら
ゆる場面で知りたい作品・人物を簡単に検索することが出来ます。

販売価格450円(税込)App Store/Google Play にて

http://www.kinejun.com/book//tabid/95/Default.aspx?ItemId=84

●2011年、大ヒットを記録した韓国ドラマ『王女の男』。その日本版小説が早くも登場!
『王女の男 下』

日本版小説は、アジアの歴史に精通した小説家の金重明が、日本の読者向けに歴史背景を加筆。
壮大な歴史絵巻でありながら、運命の波濤にあらがう人々の心情を細やかにうつしだした。
朝鮮王朝版「ロミオとジュリエット」!

http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-403-0/Default.aspx

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□┓ PR:『スカパー!映画部 全国統一・映画クイズ選手権』参加受付中!
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画検定本試験前に、『スカパー!映画部 全国統一・映画クイズ選手権』への参加はい
かがでしょうか?スカパー!映画部が今夏、キネ旬の全面協力のもと、映画を愛する全て
の人に捧げる映画クイズバトル・プロジェクトです。どなたでも無料で参加可能!

8/31(金)まで絶賛参加受付中!詳細や参加の応募は 以下のバナーをクリック!!

http://www.skyperfectv.co.jp/movie/eigabu/quiz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~メルマガスタッフより~ 
『キネマ旬報』や映画に関するご意見・ご感想、映画業界・パッケージ業界に関する
疑問など……その他なんでもお待ちしております。 
メールはこちらから→digibu@kinejun.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
メルマガ KINEJUN は、ご登録いただいた方、及び、お名刺をいただいた方に 
お送りしています。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
本メルマガは、キネマ旬報映画総合研究所とキネマ旬報社広報部が共同で発行しており
ます。
キネマ旬報社は出版事業を通じて、90年以上「活動写真」のころから映画を応援しています。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
メルマガ KINEJUN Vol.059 (2012.07.20) 
発行元:(株)キネマ旬報社 メルマガ事務局 http://www.kinejun.com/

※掲載記事の無断転用、転載はお断り致します

バックナンバー 64 63 62 61 60 59 58 57 56 55 54 52 51 50 49 48 47 46 45 44 43 42 41 40