2020年

1/6ページ
  • 2020.12.28

【集中連載5】三船敏郎に聞く- 俳優独立プロ経営のよろこびと苦しみ

『三船敏郎 生誕100周年×「キネマ旬報」創刊100周年』記念、5日間特別集中連載。第5弾は、「上意討ち」を完成させて「日本のいちばん長い日」に出演中の三船に、俳優独立プロ経営のむずかしさと、独力でスタジオを維持しユニークな創作活動をおしすすめることのよろこびと苦しみを、三船敏郎本人へのインタビュー。1967年7月発売「キネマ旬報」よりお届けいたします。

  • 2020.12.27

新進クリエイターインタビュー”岩井澤健治” 7年以上に及ぶ個人制作期間経て完成させた「音楽」

2020年1月に劇場公開され、単館系としては異例の大ヒット。さらに仏アヌシー映画祭などで国際的な評価も得た「音楽」。インディペンデントの長篇アニメーションとして、日本映画に新たな地平を切り拓いた画期的な一作だ。その中心人物である岩井澤監督に、作品の苦労や今後の見通しについて、改めて話を聞いた

  • 2020.12.27

年末年始に観たい!「コンフィデンスマンJP」を始め、オールスター俳優による大ヒット作!

今年の年末年始は外出することをなるべく控えて、出来るだけ家の中で過ごすことが多くなるのではないでしょうか。そこで、凄腕詐欺師たちの活躍を描く劇場第2 弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を始め、超豪華出演陣たちの共演でとことん楽しませるエンタメ作品をご紹介します!

  • 2020.12.18

【第3回】みうらじゅんのグレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ

来る2021年に、日活ロマンポルノは生誕50年の節目の年をむかえます。それを記念して、ロマンポルノの魅力を様々な角度から掘り下げる定期連載記事を、本キネマ旬報WEBとロマンポルノ公式サイトにて同時配信いたします。 第3弾は、衛生劇場の協力の下、みうらじゅんがロマンポルノ作品を毎回テーマごとに紹介する番組「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」の過去の貴重なアーカイブから、公式書き起こしをお届けしたします。(隔週更新予定)第3回目のテーマは「海女」‼︎

  • 2020.12.04

【第2回】みうらじゅんのグレイト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ

来る2021年に、日活ロマンポルノは生誕50年の節目の年をむかえます。それを記念して、ロマンポルノの魅力を様々な角度から掘り下げる定期連載記事を、本キネマ旬報WEBとロマンポルノ公式サイトにて同時配信いたします。 第2弾は、衛生劇場の協力の下、みうらじゅんがロマンポルノ作品を毎回テーマごとに紹介する番組「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」の過去の貴重なアーカイブから、公式書き起こしをお届けしたします。

  • 2020.12.03

池田エライザが愛した人 ー『夏、至るころ』の主役、倉悠貴インタビュー

女優、モデル、歌手、文筆などマルチに活躍する池田エライザの初監督映画「夏、至るころ」が12月4日より全国順次公開となる。主役の少年、翔に抜擢されたのは、大阪府出身で撮影当時は10代だった倉悠貴。池田エライザが探しに探して「当たり前のように翔ちゃんであった」その人は、全州国際映画祭や上海国際映画祭において高い評価を受けた。実は福岡県の方言や和太鼓の訓練など撮影前に取り組むべき課題が多かったとのことだが、乗り越えられた理由とは何だったのか。日本公開を記念して、現在の心境を聞いた。

  • 2020.12.02

ロシア発、未体験の映像に酔いしれる! 12月の「誰かに教えたくなるシネマ」

毎月リリースされる未公開、単館系作品の中から、「観たら必ず誰かに教えたくなる」作品を厳選してご紹介。劇場で見逃した作品や隠れた名作が多く並ぶレンタル店だからこそ出会える良作、小規模公開でありながら傑作といった、様々な掘り出し映画との出会いを映画専門家レビューと共に提供します!

  • 2020.11.20

【第1回】みうらじゅんのグレイト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ

毎月ロマンポルノ作品を放送している衛星劇場にて、ロマンポルノ作品をみうらじゅんが毎回テーマごとに紹介する「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」。 2021年にロマンポルノ誕生50周年、番組誕生10周年を迎えるにあたり、過去の貴重な番組アーカイブから公式書き起こしされた記事を、連載形式でお届けいたします。

1 6