【第一回】みうらじゅんのグレイト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ

【第一回】みうらじゅんのグレイト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ

来る2021年に、日活ロマンポルノは生誕50年の節目の年をむかえます。それを記念して、ロマンポルノの魅力を様々な角度から掘り下げる定期連載記事を、本キネマ旬報WEBとロマンポルノ公式サイトにて同時配信いたします。

第一弾は、衛生劇場の協力の下、みうらじゅんがロマンポルノ作品を毎回テーマごとに紹介する番組「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」の過去の貴重なアーカイブから、公式書き起こしをお届けしたします。(隔週更新予定)

201110月放送記念すべき第1回 のテーマは「谷 丘 池

こんばんは、みうらじゅんと申します。

今回は「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」で、再び皆さんとお会いできて、嬉しく思っております。

 

(自分のまわりをみて)何も僕は映画館に勤めているわけではないんですよ。今回収録場所が老舗の映画館(上野オークラ劇場)です。昔大学生の時に一度見に来たことがあります。

1970年前後ですかね、あの頃の映画館内は本当真っ暗でね。ちょっと怖いイメージがあったんですけど、今はこうやってテレビでやビデオでポルノ作品が観られるという時代。(脳裏に)エロシーンを焼き付け、家まで持ち帰って帰らなくてもよくなったって事で、皆さん本当にお幸せな世代なんだと思います(笑)。

一応、解説しときますと、僕は学生時代こういう状態で(絵を見せる)、ポルノ映画を(映画館で)観て帰ったっていうことですね。

 

あの頃、日活ロマンポルノは、三本立てでしたから、もうストーリーが頭ん中でごちゃごちゃになって。その時、気がついたんですけど、エロネタっていうのは液体でできているんじゃないかとね。映画館を出た後はね、ものすごく頭の上が重くなってまして、たっぷんたっぷんと中華鍋みたいな中が波打っているのがよくわかりました。帰りがけに、近所のおばさんとかに会って、挨拶なんかしているとこぼれ落ちてしまうので、出来る限り会わないような道を選んで帰ってね。出来る限り両親とも顔を合わせないように自室に籠り、フレッシュなままのイメージでオカズにしたかったんですけど、なかなかそうはいかずね。でも、その頃にそういう忍者のような記憶術を僕は学んだので、今の人よりいやらしい事を覚えるのは、早いし、長く持つと思います(笑)。ということで、今回の紹介する2011年10月放送分のテーマは、「谷 丘 池」。みなさん、その意味がよく分からないと思いますけど、揃えてみましたので、是非、楽しみに焼き付ける人は焼き付けて、録画する人は録画して観てみて下さいね。

 記念すべき第一回のテーマは「谷 丘 池」。ロマンポルノを語るにはかかせない伝説の女優を大特集。日本中の男たちの理性を崩壊させたエロマエストロ。その恍惚たる官能の世界に迫る。右手をみれば思い出す俺たちの青春プレイバック!

みなさんパンツの具合はどうでしょうか?ということで、もう脱いで、テレビの前でお待ちの方もおられると思いますけど、一応概略を説明してから観てもらおうと思います。

そもそものこの番組はAVと違って、いきなりやらしいシーンに飛ばせるわけではなく、<焦らしプレイ>が多分に含まれています。「焦らされて、焦らされて、遂にエロシーンが出た~!」って具合。皆さんにも当時、僕が経験したその<焦らしプレイ>に付き合っていただこうと思います(笑)。

今回の「谷 丘 池」これ当然受験に出るキーワードだと思いますけども、この三要素ですよね。これが何であるかっていうことは、説明の絵を描いてきましたので見て下さい。

「谷」というのは、当然山と山の間に存在するモノですよね。少し行くと「丘」が見えてきます。「丘」のちょっと先に「池」があるという。何のこともない絵なんですけどね。谷は谷ナオミさん、丘は丘ナオミ(奈保美)さん。そして池はこのエロス学園では池玲子さんということになります。

(※注 池玲子さんは、ロマンポルノの作品には主演されておりません。日活では、『黒い牝豹M』(1974)に主演されております)。

ということで、70年代を代表する「三大巨乳」の意であること。よく覚えておいて下さいね。そして、巨乳以外の特徴がコレ。

 

 

まず、「眉間のシワ」ですね。

今ここの良いシワを出せる女優さん、なかなかいないですね。僕が、最後に見届けたのは菊池えりさんっが最後かな。男で言うと天知茂、若林豪という俳優さんになります。眉間はね、やらしさを物語るんですね。

そして、次に挙げられるのは「蚊の鳴くような声」ですね。

今、自由に大きい声出される方はおられますけど、昔はかよわい声をわざとだしてね、その場を盛り上げるのが流行ったんです。

そして池玲子さんにも見られるこの唇の横のほくろですね。

それは当時、別名「好きぼくろ」って言ったもんですがね。下唇が「ぽってりとしている」ということもポイントが高いですよね。この「舌唇のぽってり感」はね、男のものの滑走路なんて、呼ばれては…いませんでしたけどね(笑)。

そしてやっぱり「巨乳」ですよね。

ココ、昔で言うシングル CD大 ですよね。土台があって、シングル CDが乗って、その上にこうなって三段式になっている。これπ=r2(パイアールの二乗)と呼びます。

この4要素がそろったのが「谷 丘 池」であるということです。

今回紹介する作品は、谷ナオミさん主演の『幻想夫人絵図』(1977)谷さんの集大成的作品ですね。ここに当時の台本がありますが、悶えのシーンとかをどう書いてあるかっていうことですよね?知りたいことって。谷さんって本当に演技がお上手なんですよね。(台本のその箇所を探しながら)うーん、台本を見ても「・・・・」で示してありますね。やっぱ、ここは自らの演技力で補うということなんすね。

そして、丘ナオミ(奈保美)さんですが、今回紹介する作品は『尼僧極楽』(1975。僕、学生時代、このジャンルは一番遠い世界だと思っていました。 この世界とこの世界(DVDの『色情海女 乱れ壷』(1976)を指して)。ダブルアマ(尼と海女)の存在は童貞にとってはいやあ、遠かった(笑)。

当時は、全く自分と関係ない世界だと思ってたんですけど、最近、老いるショックの影響かこの世界(ダブルアマ)もいいんじゃないかと思ってきましたね

オープニングのシーンで、相手方の男性が突然怒り出すんですよね。そのセリフを今でもよく覚えているんですよ。この手元にある台本の7ページにも書いてあるんですけども。「何がお布施だ。(中略)本当の尼さんはこんなもんじゃないぞ。」よく分からないでしょ?観て頂くしかありませんね(笑)。

さぁ、今回はこの4本! 

『幻想夫人絵図』(1977) 【主演:谷ナオミ】

『生贄夫人』(1974) 【主演:谷ナオミ】

『尼僧極楽』(1975) 【主演:丘奈保美】

『団地妻 肉体地獄』(1985) 【主演:黒木玲奈 共演:丘ナオミ】

※各作品はFANZAをはじめする動画配信サービスにて配信中です

「谷・丘」を存分にお楽しみ下さい。それではあなたもグレイト余生を!

 

衛星劇場「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」

出演・構成:みうらじゅん

プロデューサー:今井亮一

ディレクター:本多克幸

製作協力:みうらじゅん事務所・日活

2020年12月 放送予定作品

衛星劇場】(スカパー!219ch以外でご視聴の方)
・『ベッド・パートナー』(HD初放送)
・『婦人科病棟 やさしくもんで
・『肉体保険 ベッドでサイン
・『ベッド・イン

【衛星劇場】(スカパー!219chでご視聴の方)
・『ベッド・パートナー』(R-15版)
・『愛獣 赤い唇』(R-15版)
・『ラブハンター 熱い肌』(R-15版)

あわせて、衛星劇場では、サブカルの帝王みうらじゅんが、お勧めのロマンポルノ作品を紹介するオリジナル番組「みうらじゅんのグレイト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ♯91」を放送!
※人気コーナー「みうらじゅんのグレイト余性相談室」では、皆様から性のお悩みや、疑問を大募集

【日活ロマンポルノ】
日活ロマンポルノとは、197188年に日活により製作・配給された成人映画で17年間の間に約1,100本もの作品が公開された。一定のルールさえ守れば比較的自由に映画を作ることができたため、クリエイターたちは限られた製作費の中で新しい映画作りを模索。あらゆる知恵と技術で「性」に立ち向い、「女性」を美しく描くことを極めていった。そして、成人映画という枠組みを超え、キネマ旬報ベスト・テンをはじめとする映画賞に選出される作品も多く生み出されていった。
日活ロマンポルノ公式ページはこちらから

連載カテゴリの最新記事