【第5回】みうらじゅんのグレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ

 2021年に、日活ロマンポルノは生誕50年の節目の年をむかえます。それを記念して、ロマンポルノの魅力を様々な角度から掘り下げる定期連載記事を、本キネマ旬報WEBとロマンポルノ公式サイトにて同時配信いたします。

 衛生劇場の協力の下、みうらじゅんがロマンポルノ作品を毎回テーマごとに紹介する番組「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」の過去の貴重なアーカイブから、公式書き起こしをお届けしたします。(隔週更新予定)

20122月放送5回目のテーマは「アイドル

どうも、みうらじゅんと申します。第5回目となりました「グレイト余生映画ショー in日活ロマンポルノ」。今回のテーマは「アイドル」ということでお送りさせていただきます。

前回、前々回と、上野にあるオークラ映画館の客席から解説させていただきましたが、ここは劇場入ってすぐのところ入場券を売っている所からお送りします。ロマンポルノの上映当時は劇場前の小窓で券を買ったものですが。なかなか勇気がいったもんです。と、いうか僕、その頃、高校生だったもので(笑)。「大学生一枚!」って嘘をついてね。きっと、おばちゃんも気づいてたんだろうけど、おおらかな時代でございました(笑)。

今回はアイドルがテーマです。元アイドルが日活ロマンポルノで…という二度美味しい特集でございます。

今回のテーマは男たちの永遠の恋人「アイドル」。社会現象まで巻き起こした真夜中のシンデレラが大集合。可憐なFACE弾けるBODY。夢にまで見たあの子のユートピアが今ここに!

■今月の厳選アイドル

後から前から

まずは、お一人目。畑中葉子さんです。「後から前から、どうぞ」って歌われてたシングルレコード(「後ろから前から」(1980年発表))、今でも持っています(笑)。

この映画を二倍楽しむためには、清純なアイドルをされてた頃を思い出してもらうのが一番でしょう。ですんで、私のレコードアルバムの棚から持ってきました。「カナダからの手紙」(1978年発表のレコード)。この曲で歌手デビューされたんですよね。1978年ですから、もうスケベな大人になっていました(笑)。それから『愛の白昼夢』(1980年)にて、日活ロマンポルノにデビューされたという経路です。このギャップが、何とも男心を奮い立たせるでしょ。だから、皆さんは『後ろから前から』を観る前にもう一度、「カナダからの手紙」を聴き直して見て下さいね。

■今月の厳選アイドル

女教師 生徒の眼の前で

次の元アイドルは三東ルシアさん。『女教師 生徒の眼の前で』。グッとくるタイトルでございますね。

三東ルシアさんといえば、キャンディやホーローバスのCMで有名でしたね。レコードもたくさん出しておられ、デビュー曲の「危険な春」(1975年発表)はまだ持っています。カワイさの中に色気があった。週間プレイボーイのオナペット人気投票で1位にもなられていますよ。それが日活ロマンポルノに繋がったんでしょう。僕も大変、お世話になりました。みなさんはチャック開けて待っていて下さい。グッとくる作品でございます。

■今月の厳選アイドル

魔性の香り

次は、天地真理さん。もうアイドル中のアイドルの方でした。70年代の初頭には天地真理さん、小柳ルミ子さん、南沙織さんと三人娘が大活躍。テレビで見ない日はなかったと思います。でも、真理ちゃん。その後、ヌード写真集をお出しになってね。僕も買いました(笑)。そして、日活ロマンポルノの『魔性の、香り』に繋がるわけです。何せ、白雪姫って呼ばれたんですよ。大事件だったことは間違いありません。

■今月の厳選アイドル

ルナの告白 私に群がった男たち

次は、高村ルナさん。いやぁ、大好きでした。

この作品は1976年の作品。元アイドルの作品はだいたい80年代に撮られてますから、日活ロマンポルノ作品としては走りじゃないですかね。高村ルナさん、どういう方か、ちょっと私が絵にしてきました。

ゴールデン・ハーフという四人組のグループで活躍されていました。元々は五人組で、デビュー曲の「黄色いサクランボ」という歌を出した頃は石山エリーさんって方もおられたことを覚えています。確か、この方のお父さんはタイ人でした。「おんなの弱点教えます」(1970年発表)というレコードから、エリーさんが脱退されて4人になったんじゃないかな。マリア・エリザベスさんはアメリカ人のお父さんを持つ方。エヴァさんはスペイン人のお父さんでした。ドリフターズの「8時だョ!全員集合」でいい味のキャラを打ち出されていました。小林ユミさんはイタリア人の父親でしょ…こんな情報いります?(笑)そして今回の高村ルナさんはお父さんがドイツ人だそうですね。グループが解散してからルナさんは日活ロマンポルノの『修道女ルナの告白』という作品に主演されます。その次作が『ルナの告白 私に群がった男たち』となったわけです。だから、1976年はもう大騒ぎの年でございました(笑)。オープニングは須藤甚一郎(元・芸能レポーター)が出てきたりしてね。ルナさんが芸能性生活を赤裸々に暴露するという、ドキュメント映画の仕上がりになっています。何せ、副タイトルが私に群がった男たちですから。何せルナさんがイケてますから、今見てもグッとくる一本だと思います。

それではアイドルの4作品を改めて紹介します。

後から前から

女教師 生徒の眼の前で

魔性の香り

ルナの告白 私に群がった男たち

※各作品はFANZAをはじめする動画配信サービスにて配信中です

さて、次回第6回は日活ロマンポルノの「とんでもタイトル」作品を特集したいと思います。それではみなさんもグレイト余生を!

 

衛星劇場「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」
出演・構成 みうらじゅんプロデューサー 今井亮一
ディレクター 本多克幸
製作協力 みうらじゅん事務所・日活

日活ロマンポルノの作品を各衛星・ケーブル放送等にて放送中。

■2021年1月 放送予定
【衛星劇場】(スカパー!219ch以外でご視聴の方)
・『快楽温泉郷 女体風呂』(HD初放送)
・『江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者』
・『東京エロス千夜一夜』
・『女教師のめざめ』

【衛星劇場】(スカパー!219chでご視聴の方)
・『快楽温泉郷 女体風呂』(R-15版)
・『ベッド・パートナー』(R-15版)

・『愛獣 赤い唇』(R-15版)

あわせて、衛星劇場では、サブカルの帝王みうらじゅんが、お勧めのロマンポルノ作品を紹介するオリジナル番組「みうらじゅんのグレ イト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ♯92」を放送!
※人気コーナー「みうらじゅんのグレイト余性相談室」では、皆様から性のお悩みや、疑問を大募集!

■2021年2月放送予定。
【衛星劇場】(スカパー!219ch以外でご視聴の方)
・『ソープ最新テクニック 吸舌(旧題:トルコ最新テクニック 吸舌)』
・『官能教室 愛のテクニック』
・『官能テクニック 唇・舌・指』(TV初放送)
・『ドキュメントポルノ 温泉旅館(秘)テクニック』(TV初放送)

【衛星劇場】(スカパー!219chでご視聴の方)
・『ソープ最新テクニック 吸舌(旧題:トルコ最新テクニック 吸舌)』(R-15版)
・『快楽温泉郷 女体風呂』(R-15版)
・『ベッド・パートナー』(R-15版

あわせて、衛星劇場では、サブカルの帝王みうらじゅんが、お勧めのロマンポルノ作品を紹介するオリジナル番組「みうらじゅんのグレ イト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ♯93」を放送!
※人気コーナー「みうらじゅんのグレイト余性相談室」では、皆様から性のお悩みや、疑問を大募集!

 
【日活ロマンポルノ】
日活ロマンポルノとは、1971~88年に日活により製作・配給された成人映画で17年間の間に約1,100本もの作品が公開された。一定のルールさえ守れば比較的自由に映画を作ることができたため、クリエイターたちは限られた製作費の中で新しい映画作りを模索。あらゆる知恵と技術で「性」に立ち向い、「女性」を美しく描くことを極めていった。そして、成人映画という枠組みを超え、キネマ旬報ベスト・テンをはじめとする映画賞に選出される作品も多く生み出されていった。
日活ロマンポルノ公式ページはこちらから

日活ロマンポルノ50周年×キネマ旬報100周年カテゴリの最新記事