【第13回】みうらじゅんのグレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ アーカイブ

【第13回】みうらじゅんのグレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ アーカイブ

 2021年に、日活ロマンポルノは生誕50年の節目の年をむかえました。それを記念して、ロマンポルノの魅力を様々な角度から掘り下げる定期連載記事を、本キネマ旬報WEBとロマンポルノ公式サイトにて同時配信いたします。

 衛星劇場の協力の下、みうらじゅんがロマンポルノ作品を毎回テーマごとに紹介する番組「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」の過去の貴重なアーカイブから、公式書き起こしをお届けしたします。(隔週更新予定)

13回「職業別SEX攻略法」

どうも、みうらじゅんと申します。「みうらじゅんのグレイト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ」の時間です。 リニューアルって事で、変わったのは、僕の格好だけなんですけども。これで私服じゃなくて、あくまでも借りものですからね。タイトルも一新しました。と言っても、「みうらじゅんのグレイト余生映画ショー in日活ロマンポルノ民俗学入門」。

たんに長くなっただけということです。縮めて「グレポ民」という感じですかね(笑)。では、民俗学って何でしょうって、話ですよね?そもそも民俗学って100年ぐらい経たないと成立しないみたいなところありますでしょ。「遠野物語」の柳田國男先生の民俗学はみなさんもご存知でしょう。やはり、その時代その時代を映す鏡のようなものですから、100年も経ってませんが日活ロマンポルノもそんなところがある。そろそろ民俗学として分析してもよいんじゃないかなと思った次第です。今回は、皆さんにいろんな民族学的ポルノ作品を紹介したいと思います。

その時、股間がうずいた。今宵の教材は週末コンパのマストアイテム。「職業別SEX攻略法」。妄想膨らむランチタイム、働く女の夜の顔、官能ハローワークを完全ルポ!アノ子の職場に行った時、アノ子が制服脱いだ時、その瞬間から新たな歴史が始まる。

なんと、今聞いた情報によると、日活さんが100周年を迎えたっていうことでございます(※ 2012年放送当時)。先ほど言ったように、民俗学的に100年を迎えれば、こっちのもんでございます。相当な数、民族学のニオイがしているということに違いありません。自分もグラビア誌とかを集めたりはしてるんですけども、不思議なものでそういうグラビア誌でも、5年前や10年前のを見返すと、なんかもうほんと民族学的な目になってしまってね。皆さんもそんな思い出があるでしょう。引っ越しなどする時に、昔の雑誌とか出てきて、なんでこの程度のもので感じてたんだろうって。やっぱりエロというのは、時代と共にあるって事が分かりますよね。それにね、そこに載っているグラビアの方々が、もうその写真の姿では、おられないということですよね。万物流転を思わざるを得ませんね。それをこの番組ではもう1回掘り起こします。この時代はこういうのが、流行ってたんだということをじっくり見ることによって、まだソフト化していないものを、無理やりソフト化していこうという動きでもあります。

 

■第1回 民族学入門 明日から使える!『職業別SEX 攻略法

今回この映画、初めて観ましたけど、3種類の職業しか出てきませんでした(笑)。僕も今から30年ぐらい前に古本屋さんで買った「職 業別・性の自由」(藤波浩二著 駿河台書房出版)っていう本。書かれた方は存じ上げないですけど、決め付けがハンパなくてね。おそらく、この映画も、同じでしょうね。もはや、民俗学として観るしかないと思いますね。

■『スチュワーデス・スキャンダル 獣のように抱きしめて

この作品、僕見てないんですけども、大体こんなんじゃないかということで、ちょっと予想を描いてみました。多分、「これが本当のコ ックピットね!」っていうシーンがあるに違いありません。僕にはもう、確かめる気がないので、皆さんが確かめて下さいね。

 

これは『郵便配達人は二度ベルを鳴らす』(何度も映画化されている洋画。1981年にはジャック・ニコルソン&ジェシカ・ラング主演でも映画化)の曲解でしょうね。これも僕は見てないのですけど、想像で絵を描いてみました。新人でやってきた女教師のところに、不良 学生がパンツを脱いで「起立、礼」ってやってね、「やめなさい」って言われるシーンが必ずあると思いますね。

■『女銀行員暴行オフィス

最後の作品になります。この作品には、たぶん、いやらしい男が、「お前のバンクに入りたい」って、女性に言って、「だったら、その前に貯金してよ!」って言われるシーンがあるに違いありません。これも、確かめてみてくださいね。

職業別攻略法と言う映画の主なテーマというのは、ハッキリ言ってよくないです…。 民俗学ですから、そこは許してやって下さいね(笑)。

ということで、みなさんにじっくりと民俗学的に観ていただければと思っております。

職業別SEX攻略法(1973)

女教師は二度犯される(1983)

スチュワーデス・スキャンダル 獣のように抱きしめて(1984)

女銀行員暴行オフィス(1985)
※各作品はamazon、FANZAをはじめする動画配信サービスにて配信中です

それではあなたも、グレイト余生を!

 

出演・構成:みうらじゅん
プロデューサー:今井亮一
ディレクター:本多克幸
製作協力:みうらじゅん事務所・日活

■2021年06月 TV放送情報
日活ロマンポルノの作品を各衛星・ケーブル放送等にて放送中。
 2021年6月は下記の作品が放送されます(変更の可能性もございます)
衛星劇場(スカパー!219ch以外でご視聴の方)
白い指の戯れ
看護女子寮 いじわるな指
看護婦日記 いたずらな指
OLハンター 女泣かせの指

〔日活ロマンポルノ傑作選~団鬼六と女王たち~〕
団鬼六「黒い鬼火」より 貴婦人縛り壺
団鬼六 女美容師縄飼育
団鬼六 縄責め
団鬼六 美教師地獄責め

【衛星劇場】(スカパー!219chでご視聴の方)
看護婦日記 いたずらな指(R-15版)
団鬼六「黒い鬼火」より 貴婦人縛り壷(R-15版)
団鬼六 薔薇地獄(R-15版)
 あわせて、衛星劇場では、サブカルの帝王みうらじゅんが、お勧めのロマンポルノ作品を紹介するオリジナル番組「みうらじゅんのグレイト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ♯96」を放送!
※人気コーナー「みうらじゅんのグレイト余性相談室」では、皆様から性のお悩みや、疑問を大募集

【日活ロマンポルノ】
日活ロマンポルノとは、1971~88年に日活により製作・配給された成人映画で17年間の間に約1,100本もの作品が公開された。一定のルールさえ守れば比較的自由に映画を作ることができたため、クリエイターたちは限られた製作費の中で新しい映画作りを模索。あらゆる知恵と技術で「性」に立ち向い、「女性」を美しく描くことを極めていった。そして、成人映画という枠組みを超え、キネマ旬報ベスト・テンをはじめとする映画賞に選出される作品も多く生み出されていった。
日活ロマンポルノ公式ページはこちらから

日活ロマンポルノ50周年×キネマ旬報100周年カテゴリの最新記事