2021年12月

【第22回】「みうらじゅんのグレイト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ」

日活ロマンポルノ50年×キネマ旬報100周年特別連載企画『みうらじゅんがロマンポルノ作品を毎回テーマごとに紹介する番組「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」の過去の貴重なアーカイブから、公式書き起こし』今回の特集は「女教師」!

「一度は閉館も考えた」豊岡劇場の挑戦。地方映画館の起死回生に向けた秘策とは

コロナ禍で入場客の激減に悩む地方の映画館が、起死回生の秘策に打って出た。兵庫県豊岡市に2つのスクリーンを有する豊岡劇場は、2021年11月からオンラインによる「ミニシアター映画配信サービス」をスタート。全国の映画ファンに向けて、同館独自のセレクトで作品を届けるという試みを始めた。急速に市場を広げている映画配信事業は、映画館の存立を脅かす存在ではなかったのか。新たな挑戦に臨む豊岡劇場の思いとは――。

タブー視されがちな障がい者の性にも踏み込んだ作品「37セカンズ」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、劇場公開が見送られたり、公開したものの思うように観客動員できずに沈んでしまった映画は少なくない。2020年2月に劇場公開が始まった「37セカンズ」もコロナ禍の影響を受けたものの、強い生命力を宿していた。口コミで話題が広まり、ネットフリックスによる世界配信もあり、広く愛される作品へと育った。(現在Blu-ray&DVDリリース中)

【あの頃のロマンポルノ】プロフェッショナル 藤田敏八

 2021年に、日活ロマンポルノは生誕50年の節目の年をむかえました。それを記念して、「キネマ旬報」に過去掲載された記事の中から、ロマンポルノの魅力を様々な角度から掘り下げていく特別企画「あの頃のロマンポルノ」。キネマ旬報WEBとロマンポルノ公式サイトにて同時連載していきます。  今回は、「キネマ旬報」1975年9月上旬号より、寺脇研氏による「プロフェッショナル藤田敏八」の記事を転載いたします。 […]

【第21回】「みうらじゅんのグレイト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ」

日活ロマンポルノ50年×キネマ旬報100周年特別連載企画『みうらじゅんがロマンポルノ作品を毎回テーマごとに紹介する番組「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」の過去の貴重なアーカイブから、公式書き起こし』今回の特集は「野外」!

クォン・サンウ主演!高卒弁護士と会社をクビになった記者が弱者のために奔走する

クォン・サンウが熱血弁護士に扮するリーガルドラマ「熱血弁護士 パク・テヨン ~飛べ、小川の竜~」のDVDが12月3日よりリリースされる。今年45歳と思えない若々しいクォン・サンウが、弱者のために涙を流し、正義を追求する姿がスカッとしつつも感動する作品だ。

関ジャニ∞・横山裕初主演ドラマ! 天才子役とほんわかアパート暮らし

冬の寒い日には、温かい飲み物と一緒に心温まるハートフル・コメディが観たくなる。どこにでもありそうな小さなアパート「アパートの清水」で、一人暮らしをするワケありの5歳児・コタローと、グータラ生活を送る売れない漫画家・狩野のおかしくも優しい毎日を描いたドラマ『コタローは1人暮らし』のDVD&ブルーレイが12月3日にリリースされる

ブータンの僻地で暮らす人々の姿を通して“本当の豊かさ”とは何かを問う「ブータン 山の教室」

“世界でいちばん幸せな国”といわれるブータンに実在する秘境を舞台にした映画「ブータン 山の教室」のDVD&ブルーレイが、12月3日(金)にリリースされる。ミニシアター公開ながらその評判は口コミとして瞬く間に拡がり、全国の映画ファンを魅了した感動作だ。

生きにくい世の中を生きる子どもたちへ 「アーヤと魔女」に込めたメッセージ

宮﨑駿が企画、宮崎吾朗が監督をそれぞれ務めた、スタジオジブリの約5年ぶりとなる劇場公開作品「アーヤの魔女」のDVDとブルーレイが12月1日にリリースされる。「ハウルの動く城」の原作者でもあるダイアナ・ウィン・ジョーンズの同名児童書が原作の本作は、初のフル3DCG作品であることやこれまでのジブリ作品にはいなかったヒロイン像など、スタジオジブリにとって初の試みが満載の新鮮な作品となっている。

日活ロマンポルノ50周年記念「艶笑夜噺 古今東西」イベントレポート

11/ 27(土)と11/ 28(日)の2夜にわたり日活主催のイベント、日活ロマンポルノ50周年記念の演芸会「艶笑夜噺 古今東西」が数々のクラシック映画の上映で知られる池袋の名画座、新文芸坐で開催された。 本公演は1971/11/20に日活ロマンポルノを銘打った作品が公開されてからの50周年を記念して始動している、【ロマンポルノ50周年記念プロジェクト】の一環として、ロマンポルノにまつわる演芸会を […]