賞レース席巻中!ケネス・ブラナーの幼少期を投影した自伝的作品「ベルファスト」

賞レース席巻中!ケネス・ブラナーの幼少期を投影した自伝的作品「ベルファスト」

激動の時代にゆれる「家族」と「故郷」を描いた
笑いあり、涙ありの人生賛歌

 映画「ベルファスト」が2022年3月にTOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントをはじめとする全国の劇場で公開される。

 本作は、俳優・監督・演出家として映画や舞台の最前線で活躍し続け、世界中から絶大な評価を得るケネス・ブラナーが、自身の幼少期を投影した自伝的作品であり、北アイルランド ベルファスト出身のブラナー自身が監督・製作・脚本を務め上げた。第46回トロント国際映画祭にて、最高賞にあたる観客賞を受賞して以降「これぞオスカーにふさわしい作品!」(ROLLING STONE)、「オスカー賞レースを新たな高みへと引き上げる作品」(VARIETY)、「熱狂!この映画を決して忘れることはできない」(THE HOLLYWOOD REPORTER)と、各誌から絶賛の声が続出。アカデミー賞®前哨戦と言われる第27回放送批評界協会賞では最多11部門ノミネート、第79回ゴールデングローブ賞では脚本賞を受賞し、本年度アカデミー賞®最有力候補の呼び声を着実に高めている。

 


 舞台は1969年の北アイルランド ベルファスト。9歳の少年バディは、住民すべてが顔なじみで、まるでひとつの家族のような温かさに包まれるこの街で、愛に溢れた完璧な日々を送っていた。しかし突如、プロテスタントの暴徒が街のカトリック住民への攻撃を始め、大規模な暴動が発生。この日を境に幸せな日常は奪われてしまう――。

 本作に自身の幼少期を投影したというブラナーは、9歳の少年バディの目線を通し、時代に翻弄され様変わりしていく故郷の厳しい現実と、家族とともにそこで過ごした愛と笑顔と興奮に満ちた日々を力強いモノクロ映像で描き出した。抗うことのできない変化に戸惑い葛藤しながらも、決してうつ向くことなく、笑顔とユーモアを持って未来へと一歩踏み出す人々の力強さを描いた本作は、ノスタルジックで美しいモノクロ映像の中で、「家族」と「故郷」という普遍的なテーマを描き出し、世界中の批評家たちを魅了して本年度の賞レースを席巻している。

 主人公となる9歳の少年バディを演じたのは、本作が長編映画デビューとなるジュード・ヒル。自然な存在感でこの物語をまぶしく輝かせる。出稼ぎで家を空けがちな父を演じるのは、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の若富豪クリスチャン・グレイ役で一躍注目を集めたジェイミー・ドーナン。本作では、金にはだらしないが家族を愛し守り抜く強い父親だ。気丈で美しい母には、モデル・女優として活躍するカトリーナ・バルフ。厳しさのなかにセンシティブな一面を併せ持ちながら、母親として妻として家族を正しく導いていく。いつもユーモアと遊び心を忘れない祖父ポップを演じたのは、ベルファスト出身のベテラン俳優キアラン・ハインズ。バディの気持ちをくみ取り、ジョーク交じりで適切な助言を与える。静かに家族を見守る祖母グラニーには、世界的大女優のジュディ・デンチ。本作ではわずかな出演ながらその存在感は圧倒的だ。

 

バディらが家族揃って映画を楽しむ美しい一コマ。
(L to R) Caitriona Balfe as “Ma”, Jamie Dornan as “Pa”, Judi Dench as “Granny”, Jude Hill as “Buddy”, and Lewis McAskie as “Will” in director Kenneth Branagh’s BELFAST, a Focus Features release. Credit : Rob Youngson / Focus Features

 

ジェイミー・ドーナンとカトリーナ・バルフ演じる両親が笑顔でダンスする幸せな日常

 

 

祖父・祖母と共にはちきれんばかりの笑顔を見せるバディ。
(L to R) Judi Dench as “Granny”, Jude Hill as “Buddy” and Ciarán Hinds as “Pop” in director Kenneth Branagh’s BELFAST, a Focus Features release. Credit : Rob Youngson / Focus Features
激怒する母から必死で逃げ切ろうとするバディ。
Caitriona Balfe (left) stars as “Ma” and Jude Hill (right) stars as “Buddy” in director Kenneth Branagh’s BELFAST, a Focus Features release. Credit : Rob Youngson / Focus Features

 

 ブラナーは、困難な状況におかれながらも、少しずつ成長していく一人の少年とその家族の愛と絆を、モノクロ映像でパワフルに見せ、世界中の批評家を魅了。ルーツ(故郷)への郷愁とリスペクト、そして移り行く時代を前に、決して変わることのない人間の気高さを、笑いあり涙ありの人生讃歌へと昇華させた。
 本作が描き出すのは、ある少年とその家族の厳しくも愛に満ちた永遠の記憶だ。抗うことのできない時代の変化に戸惑い葛藤しながらも、一方で、決してうつ向くことなく、笑顔とユーモアで未来へ一歩踏み出すタフな人々の姿は、コロナ禍で様変わりした世界を生きる現代の私たちにも強い共感をもたらすに違いない。

 

Story

1969年、激動の北アイルランド ベルファスト。
僕が生まれ育ったその町には、歌があった、映画あった、家族がいた――
そして、愛に輝く日々があった。
ベルファストで生まれ育ったバディ(ジュード・ヒル)は家族と友達に囲まれ、映画や音楽を楽しみ、充実した毎日を過ごす9歳の少年。笑顔にあふれ、たくさんの愛に包まれる日常は彼にとって完璧な世界だった。しかし、1969年8月15日、バディの穏やかな世界は突然の暴動により悪夢へと変わってしまう。プロテスタントの武装集団が、街のカトリック住民への攻撃を始めたのだ。住民すべてが顔なじみで、まるで一つの家族のようだったベルファストは、この日を境に分断されていく。暴力と隣り合わせの日々のなか、バディと家族たちは故郷を離れるか否かの決断を迫られる――。

 

「ベルファスト」

製作・監督・脚本:ケネス・ブラナー
出演:カトリーナ・バルフ、ジュディ・デンチ、ジェイミー・ドーナン、キアラン・ハインズ、ジュード・ヒル
2021年/イギリス/ビスタサイズ/98分/モノクロ・カラー/英語/5.1ch/原題『Belfast』
配給:パルコ ユニバーサル映画 
© 2021 Focus Features, LLC.  belfast-movie.com

 

★55映画祭33受賞195ノミネート★2022年1月21日時点)

★トロント国際映画祭 1受賞
観客賞

★ゴールデングローブ賞 1受賞6ノミネート
脚本賞受賞
作品賞、助演男優賞(2名)、助演女優賞、監督賞、作曲賞ノミネート

★放送批評家協会賞 最多11ノミネート
作品賞、助演男優賞(2名)、助演女優賞、新人賞、アンサンブル演技賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、美術賞、編集賞

★全米映画俳優組合賞 2ノミネート
キャスト賞、助演女優賞ノミネート

★英国アカデミー賞(BAFTA) 最多12部門ノミネート
作品賞・英国作品賞・監督賞・脚本賞・助演女優賞・助演男優賞・キャスティング賞
撮影賞・衣装デザイン賞・編集賞・プロダクションデザイン賞・音響賞

★英国インディペンデント映画賞 11ノミネート
編集賞、主演女優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人賞、キャスティング賞、撮影賞、衣装デザイン賞、ヘア&メイクアップ賞、作曲賞、美術賞

★アメリカン・フィルム・インスティチュート賞 1受賞
特別賞

★ナショナル・ボード・オブ・レビュー 2受賞
助演男優賞、作品賞受賞

★サテライト賞 13ノミネート
助演女優賞(2名)、助演男優賞(2名)、作品賞、監督賞、脚本賞、作曲賞、撮影賞、編集賞、音響賞、美術賞、衣装デザイン賞

ほか多数

最新映画記事カテゴリの最新記事