レオス・カラックス新作「アネット」、“息すら止まる”予告映像!

レオス・カラックス新作「アネット」、“息すら止まる”予告映像!

 2021年第74回カンヌ国際映画祭でオープニングを飾り、監督賞を受賞! アダム・ドライバーマリオン・コティヤールを主演に迎え、レオス・カラックス監督が初めて全編英語でミュージカルに挑んだダーク・ファンタジー・ロックオペラ「アネット」(4/1公開)より、 本予告映像が解禁された。

 

 「初めて恋に落ちた」──攻撃的なユーモアセンスが人気のスタンダップコメディアン・ヘンリー(アダム・ドライバー)と美貌の国際的オペラ歌手・アン(マリオン・コティヤール)は惹かれ合い、愛する子供“アネット”が生まれる。世間から祝福され、仲睦まじく暮らす2人。だが幸せも束の間、彼らの世界の全てが、少しずつ〈闇〉へ近づいていく──。「息すらも止めて ご覧ください」という冒頭の言葉に続き、原案も手がけたロン&ラッセル・メイル兄弟のポップバンド、スパークスの音楽をバックにかつてない映像が繰り広げられる、圧巻の本予告映像となっている。

カラックス×スパークスのロックオペラ!

 35年間で発表した⻑編作品は6本と寡作ながら、その卓越した演出力と美的センスによって、衝撃を与え続けてきたレオス・カラックス。
 1984年、弱冠24歳でカンヌ映画祭に登場した「ボーイ・ミーツ・ガール」、“アンファン・テリブル”(恐るべき子ども)としてカラックスの名を世に知らしめた「汚れた血」、2度の撮影中断に見舞われながら完成させた大ヒット作「ポンヌフの恋人」、ハーマン・メルヴィルの小説を映画化した「ポーラX」、そして謎に満ちた迷宮的な内容が高く評価された「ホーリー・モーターズ」。
 一作ごとに既存のジャンルを軽々と超え、新たな映画体験を生み出し、世界中に熱狂的ファンを持つカラックスだが、「アネット」は「ホーリー・モーターズ」以来8年ぶりとなる最新作。スパークスがストーリー仕立てのスタジオアルバム「アネット」として構築していた物語が、カラックスとの出会いにより映画へと発展、全編を歌で語り、全ての歌をライブ録音するという両者のこだわりと、そこにカラックスならではの映像美が相まって、唯一無二の作品が完成した。また、カラックスが「父親になってからの映画」とその特別な思いを語る本作には、カラックス自身の人生が色濃く反映されているのも見どころだ。

 

 

「アネット」

監督:レオス・カラックス
原案・音楽:スパークス
歌詞:ロン・メイル、ラッセル・メイル & LC
出演:アダム・ドライバー、マリオン・コティヤールほか
上映時間:140 分
コピーライト:© 2020 CG Cinéma International / Théo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinéma / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Télévisions belge) / Piano
配給:ユーロスペース
公式サイト:annette-film.com

最新映画記事カテゴリの最新記事