芥川賞作家・平野啓一郎の小説を映画化した「ある男」、特報映像と第1弾ビジュアル公開

芥川賞作家・平野啓一郎の小説を映画化した「ある男」、特報映像と第1弾ビジュアル公開

第70回読売文学賞を受賞、累計21万部を超える平野啓一郎のベストセラー小説を、主人公・城戸役の妻夫木聡をはじめ、安藤サクラ、窪田正孝、清野菜名、眞島秀和、小籔千豊、仲野太賀、真木よう子、柄本明らをキャストに迎え、「蜜蜂と遠雷」の石川慶監督により映画化した「ある男」が今秋公開。「愛」と「過去」をめぐる感動のヒューマンミステリーが綴られる。

その特報映像が解禁。妻夫木自らナレーションを担当し「僕たちは誰かを好きになる時、その人の何を見ているのだろう。その人の何を愛するのだろう──」という、意味深な言葉から幕を開ける。

 

 

そしてエルヴィス・プレスリーの名曲「Can‘t Help Falling In Love」のカバーとともに、里枝(安藤)が“ある男”大祐(窪田)と過ごした幸せな日々が映し出される。しかし、大祐が不慮の事故で亡くなり、“愛したはずの夫が、別人だった”という衝撃の事実が明かされるところから物語は一変。「ある男」は一体誰だったのか、なぜ別人になりすましていたのか、という謎とともに観る者を引き込んでいく。特報後半に流れる劇伴は、台湾の室内楽アンサンブルグループ「Cicada」が担当。日本映画初参加のCicadaが創り出す音楽は、人物やシーンをより深く印象づける。

 

 

併せて解禁された第1弾ビジュアルは、城戸・里枝・大祐の3人の顔が重なり、それぞれのキャラクターの心情を表すかのような、映画の世界観に沿ったコンセプチュアルなデザインとなっている。

さらに新キャストも明らかに。【里枝の息子・悠人】をオーディションで抜擢された映画初出演の坂元愛登、【里枝の母親・初江】に山口美也子、【大祐の働く林産会社の社長・伊東】にきたろう、「大祐」の過去を知る人物にカトウシンスケ、活躍目覚ましい河合優実、 でんでんといった実力派俳優が名を連ねた。

 

Story

弁護士の城戸(妻夫木)は、かつての依頼者である里枝(安藤)から、里枝の亡くなった夫「大祐」(窪田)の身元調査という奇妙な相談を受ける。里枝は離婚を経て、子供を連れて故郷に戻り、やがて出会う「大祐」と再婚。そして新たに生まれた子供と4人で幸せな家庭を築いていたが、ある日「大祐」が不慮の事故で命を落としてしまう。悲しみに暮れる中、長年疎遠になっていた大祐の兄・恭一が法要に訪れ、遺影を見ると「これ、大祐じゃないです」と衝撃の事実を告げる。愛したはずの夫「大祐」は、名前もわからないまったくの別人だったのだ。
「ある男」の正体を追い、“真実”に近づくにつれて、いつしか城戸の中に別人として生きた男への複雑な思いが生まれていく──。

 

「ある男」

出演:妻夫木聡、安藤サクラ、 窪田正孝、清野菜名、眞島秀和、小籔千豊、坂元愛登、山口美也子、きたろう、カトウシンスケ、河合優実、でんでん、仲野太賀、真木よう子、柄本明
原作:平野啓一郎「ある男」
監督・編集:石川慶
脚本:向井康介
音楽:Cicada(Taiwan)
企画・配給:松竹
©2022「ある男」製作委員会

最新映画記事カテゴリの最新記事