役所広司主演 × 小泉堯史監督の「峠 最後のサムライ」、新ビジュアル公開

幕末の風雲児と呼ばれた越後長岡藩家老・河井継之助を描いた司馬遼太郎のベストセラー歴史小説「峠」が、「峠 最後のサムライ」として映画化、6月17日(金)より全国公開される。新ビジュアルが到着した。

 

 

監督・脚本は、黒澤明の助監督として数々の名作に携わり、「雨あがる」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した名匠・小泉堯史。“最後のサムライ”河井継之助を演じるのは名優・役所広司。さらに松たか子、香川京子、田中泯、永山絢斗、芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、仲代達矢ら錚々たる俳優が集結した。

一介の藩士でありながら、諸国遊学で培った先見性とグローバルな視野をもって、領民のために斬新な藩政改革を次々に実行していた継之助。やがて時流が倒幕へ傾く中、継之助はサムライとしての使命と庶民を先導するリーダーとしての狭間で葛藤しながら、強大な明治新政府軍に立ち向かっていく──。正義を貫こうとする“最後のサムライ”の姿は、現代人に生き方やリーダーとしてのあり方を問いかける。

当初は2020年9月25日に公開されるはずが、コロナ禍で3回も延期された本作。いち早く鑑賞したマスコミや業界関係者からは、全編35mmフィルムの映像美と深く熱い人間ドラマに高い評価が寄せられていた。このたび新公開日の決定に伴い、メインビジュアルも一新。旧ビジュアルは、役所演じる継之助が峠から故郷・長岡を見つめる水墨画のように静謐なデザインだったが、新ビジュアルはまっすぐ未来を見据えるような表情が印象的。新コピー「ニッポンが震えた、熱き心」を傍に、より力強さにフォーカスした。

武士の使命感のもと、5万人の軍勢にたった690人の仲間と立ち向かった河井継之助。その不退転の覚悟と、胸打つドラマに期待したい。

 

 

Story

敵軍50,000人に、たった690人で挑んだ“最後のサムライ”
慶応3年(1867年)、大政奉還。260年余りに及んだ徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分していく。
慶応4年、鳥羽・伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発。越後の小藩、長岡藩の家老・河井継之助は、東軍・西軍いずれにも属さない武装中立を目指す。民の暮らしを守るために戦争を避けようとしたのだ。
だが、和平を願って臨んだ談判は決裂。継之助は徳川譜代の大名として義を貫き、西軍と砲火を交える決断を下す。
妻を愛し、国を思い、戦のない世を願った継之助の最後の戦いが始まった……。

 

「峠 最後のサムライ」

出演:役所広司、松たか子、香川京子、田中泯、永山絢斗、芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、AKIRA、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、仲代達矢
監督・脚本:小泉堯史  
音楽:加古隆
原作:司馬遼太郎「峠」(新潮文庫刊)
配給:松竹、アスミック・エース 
公式HP:touge-movie.com
©2020『峠 最後のサムライ』製作委員会

最新映画記事カテゴリの最新記事