ウクライナの俊英ヴァシャノヴィチ監督2作、独特の映像世界を明かす予告編

ウクライナの俊英ヴァシャノヴィチ監督2作、独特の映像世界を明かす予告編

俊英ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ監督がウクライナの“未来”と“過去”の戦禍をそれぞれ描いた「アトランティス」(19)と「リフレクション」(21)が、6月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開。予告編が到着した。

 

 

“戦争終結から1年後の2025年”のウクライナ・ドンバス地域を舞台に、すべてを失って帰還した元兵士と、戦死者の遺体を回収する女性の邂逅を描く「アトランティス」。そして“戦争の始まりの2014年”を舞台に、ドンバス地域で捕虜となった外科医の苛烈な運命を、1シーン1ショットで綴る「リフレクション」。予告編は2本立てで、写実性と様式美の融合した印象的な映像世界が明かされる。

 

「アトランティス」 ©Best Friend Forever
「リフレクション」 ©Arsenal Films, ForeFilms

 

▶︎ ウクライナの俊英ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ監督2作、緊急公開!

最新映画記事カテゴリの最新記事