福島浜通りシネマプロジェクト始動、中高生の映画づくり体験の参加者募集! 永田琴、市井昌秀、吉田康弘らがサポート

福島浜通りシネマプロジェクト始動、中高生の映画づくり体験の参加者募集! 永田琴、市井昌秀、吉田康弘らがサポート

「映画24区」が映画を活用したまちづくりの一環として、福島県浜通り地域で「福島浜通りシネマプロジェクト」を始動する。そのキックオフイベントとして今夏、全国の中高生を対象にした「映画づくり体験」を実施。本日7月22日に募集を開始した。参加費は無料、4日間の宿泊ホテル・食事などは全て主催者側が用意し、映画好きの子どもたちにとって魅力的な企画となっている(詳細は下記の募集概要を参照)。

 

 

子どもたちの映画づくりをサポートするのは、永田琴(映画「シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸」ドラマ『東京ラブストーリー2020』)、市井昌秀(映画「箱入り息子の恋」「台風家族」)、吉田康弘(映画「旅立ちの島唄〜十五の春〜」「かぞくいろーRAILWAYS わたしたちの出発ー」)ら商業映画の第一線で活躍する監督や技術スタッフたち。

 

▲左から永田琴、市井昌秀、吉田康弘

さらに、映画「ばちらぬん」が昨年のPFFアワードでグランプリを獲得した東盛あいか、映画「魚の目」が田辺・弁慶映画祭でキネマイスター賞を受賞した板野侑衣子(ますだあやこと共同監督)ら、今後の活躍が期待される若手作家も参加し、世代を超えた質の高いものづくりや鍛錬の場を構築・検証していく。

彼らのサポートのもと、参加する中高生たちはロケハンから脚本づくり、撮影、編集まで自分たちで行い、最終日に完成した短編作品の上映会が行われる。

またイベント期間中は、映画人や地元の方々を招き、映画や地域をキーワードにしたパネルディスカッションを行う予定。世界に負けない映画づくりの環境を作るべく、映画に関わる人たちの労働環境や人材育成面などにも積極的に目を向け、浜通り地域の魅力発信と映像文化産業の課題改善を掛け合わせた地域発展のモデルを検証していく。

 

映画作り体験の募集概要
対象年齢:13~18歳(中1~高3) 性別・経験等は不問
実施期間:8月18日(木)~21日(日) 3泊4日
実施場所:福島県双葉町
募集人数:20名(予定)
参加費用:無料
※4日間の宿泊ホテル・食事などは全てご用意いたします
※JR双葉駅にて現地集合・現地解散(交通費のみ各自負担)

申込方法
映画24区 お申込みフォーム(https://forms.gle/6Qc6PYdvF6Y6jzh37)よりお申込みください。
応募締切は7月31日(日)※定員を超える場合は選考となりますのでご了承ください

双葉町について
双葉町(ふたばまち)は福島県浜通り地方のほぼ中央に位置する。東日本大震災で発生した福島第一原子力発電所の事故に伴い、町民は現在も避難中。避難指示は一部地域で解除されており、今回のイベント実施地域周辺には東日本大震災・原子力災害伝承館や産業交流センターが立地している。伝承館は令和2年9月の開館後約1年半で来場者数が10万人を突破した。

映画24区について
2009年より映画製作・配給、映画人の育成(学校運営)、映画人のマネジメントを行う。
これまで山形県鶴岡市を舞台にした地域映画「庄内三部作シリーズ」や、若手映画作家を起用した短編集「21世紀の女の子」の企画製作に参加。2018年に自治体主導の映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズを立ち上げ、現在までに兵庫県加古川市、福岡県田川市で製作している。
公式ホームページ http://eiga24ku.jp/

問い合わせ窓口
株式会社映画24区 info@eiga24ku.jp

注目情報カテゴリの最新記事