フランス大ヒットのカンタン・デュピュー怪作「地下室のヘンな穴」、本予告と新場面写真が到着

フランス大ヒットのカンタン・デュピュー怪作「地下室のヘンな穴」、本予告と新場面写真が到着

謎の “穴” をめぐる騒動を描き、フランスで自国映画No.1の大ヒット、さらに第72回ベルリン国際映画祭に出品された奇才カンタン・デュピューの新作「地下室のヘンな穴」が、9月2日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国公開。本予告と新場面写真が解禁された。

 

 

殺人タイヤが襲い来る「ラバー」、鹿革ジャケット男が凶行を重ねる「ディアスキン 鹿革の殺人鬼」などの異色作・怪作で知られ、“フランスのスパイク・ジョーンズ” の異名をとるカンタン・デュピュー(Mr. Oizo名義のフレンチ・エレクトロ・ミュージシャンとしても世界的に知られ、ヨーロッパで100万枚以上のセールスを記録している)。その新作「地下室のヘンな穴」は、“時間軸が半日進み、肉体が3日若返る” という穴にハマった夫婦が欲望に目覚めていくさまを描き、「『パラサイト』より奇妙」(VARIETY)、「独創的、ばかばかしい」(THE HOLLYWOOD REPORTER)、「癖になる」(INDIEWIRE)といった熱い評が寄せられた。ありえない設定からあれよあれよと現実味を帯びていく物語に引きずり込まれるはずだ。

 

                

 

Story
緑豊かな郊外に建つモダニズム風一軒家の下見に訪れた、中年夫婦のアランとマリー。購入すべきか迷うふたりに、怪しげな不動産業者がとっておきのセールスポイントを伝える。地下室にぽっかり空いた“穴”に入ると「12時間進んで、3日若返る」というのだ。半信半疑でそこに引っ越した夫婦だったが、やがてその穴はふたりの生活を一変させていく……。

 

「地下室のヘンな穴」

監督・脚本:カンタン・デュピュー
出演:アラン・シャバ、レア・ドリュッケール、ブノワ・マジメル、アナイス・ドゥムースティエ
2022年/フランス・ベルギー/仏語・日本語/74分/シネスコ/カラー/5.1ch/英題:Incredible But True/日本語字幕:高部義之
配給:ロングライド
公式サイト:https://longride.jp/incredible-but-true/
© ATELIER DE PRODUCTION – ARTE FRANCE CINÉMA – VERSUS PRODUCTION – 2022

最新映画記事カテゴリの最新記事