Site icon 【公式】「キネマ旬報」ホームページ / キネマ旬報WEB

原作者・湊かなえ激賞。戸田恵梨香 × 永野芽郁「母性」、見方が180度変わる場面写真解禁

愛せない母(戸田恵梨香)と愛されたい娘(永野芽郁)が織り成す愛憎劇「母性」が、11月23日(水・祝)より全国公開。場面写真と原作者・湊かなえのコメントが到着した。

 

 

“母性”をめぐる〈1つの事件〉が、母と娘〈2人の食い違う証言〉とともに描かれる本作。母は「娘を強く抱きしめた」と言うが、娘は「母に首を絞められた」と証言する。解禁された写真は、見方が反転しながら観る者を惑わせていくであろう衝撃の物語を予感させる。

 

    

 

湊かなえ(原作者)コメント全文

──多くの企画者が映像化を熱望した「母性」。今回、映画化を許諾された決め手について

娘(母親から愛される立場)であり続けたいまま子どもを産んだ母親と、その母親から愛されたい娘。その二人の物語であることをきちんと汲み取った内容の脚本だったので、ぜひお願いしたいと思いました。
女性は子どもを産めば必ずしも母性が芽生えるわけではない、といったことなど、「母性」について年齢や性別を問わず多くの方が考えてくださる作品になってほしいと思いました。

──完成した映画をご覧になって

俳優の方々の演技がすばらしい。背景が美しい。母と娘の思い違いの場面が、観客に自然に伝わる構成になっている。音楽もよい。と、完成度の高さに喜びしかありません。戸田さんの鬼気迫る演技に鳥肌が立ちました。永野さんの表情での演技もすばらしかったです。大地さん、高畑さんはじめ、女優の方々おひとりずつの演技がすばらしく、またそれらが化学反応を起こすかのように、作品全体に深みや広がりを与えている。エンターテインメント作品のおもしろさと、芸術作品の感動が融合した作品になっていると思います。
自分の中にこんな感情があったのかと気づくように、心の奥底にある感情が素手でえぐりだされるような作品を、どうか体感してみてください。見ないと、損、損。

 

 

©2022映画「母性」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

▶︎ 湊かなえの小説を戸田恵梨香 × 永野芽郁で映画化。母と娘の愛憎劇「母性」

Exit mobile version