死を迎える息子とその母を描く「愛する人に伝える言葉」カトリーヌ・ドヌーヴがコメント

死を迎える息子とその母を描く「愛する人に伝える言葉」カトリーヌ・ドヌーヴがコメント

カトリーヌ・ドヌーヴとブノワ・マジメル共演。癌を宣告された主人公とその母親が、限られた時間のなかで “人生のデスクの整理” をしながら、穏やかに死と向き合っていく姿を描くエマニュエル・ベルコ監督作「愛する人に伝える言葉」が、10月7日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかで全国公開。ドヌーヴのコメントと場面写真が到着した。

 

                 

 

場面写真は、膵臓癌を宣告されたバンジャマン(ブノワ・マジメル)と付き添う主治医のドクター・エデ(ガブリエル・サラ)、スマホを手にバンジャマンの身を案じる母クリスタル(カトリーヌ・ドヌーヴ)、患者を見つめる看護師(セシル・ド・フランス)などを捉えたもの。

息子を看取る役を演じたドヌーヴは「人生で起こり得る最悪のことですから、とても難しい役でした」としつつ、「難しいかどうかよりも私にとって重要なことは、脚本が好きになれるかどうか。とても良かったわ」「非常に重要なテーマだった」と出演理由を明かした。監督のベルコは「この映画は人生の讃歌だ」と語っている。

 

 

© Photo 2021 : Laurent CHAMPOUSSIN – LES FILMS DU KIOSQUE
配給:ハーク

▶︎ カトリーヌ・ドヌーヴ&ブノワ・マジメル。死と対峙する感動作「愛する人に伝える言葉」

最新映画記事カテゴリの最新記事