ヴェネチア金獅子賞。予期せぬ妊娠をした大学生が未来のために闘う「あのこと」

ヴェネチア金獅子賞。予期せぬ妊娠をした大学生が未来のために闘う「あのこと」

中絶が禁じられた1960年代フランスを舞台に、望まぬ妊娠をした大学生が未来を掴むために12週間にわたり闘う姿を描き、2021年ヴェネチア国際映画祭で全審査員一致での金獅子賞に輝いた「あのこと」が、12月2日(金)よりBunkamura ル・シネマほかで全国順次公開。ポスターと予告編が到着した。

 

 

ノーベル賞に近いとされる作家アニー・エルノーが実体験を基に書き上げた『事件』を、女性監督オードレイ・ディヴァンが臨場感豊かに映像化した「あのこと」。子役時代に「ヴィオレッタ」で注目されたアナマリア・ヴァルトロメイが主人公アンヌを演じ、セザール賞有望女優賞に輝いた。

 

 

労働者階級に生まれながら知性と努力で大学に進み、学位にも手が届こうとしていたアンヌだったが、大切な試験を前に予期せぬ妊娠が発覚。医者は「違法行為になる」と対処を拒み、友人は「大学を辞めて働くしかない」「刑務所に入りたいの?」と言う。そうした中でただ一つの選択肢を信じるアンヌは、あらゆる方法を模索するが、タイムリミットに焦り、追い詰められていく。彼女の運命は果たして──?

 

「あのこと」

監督:オードレイ・ディヴァン
出演:アナマリア・ヴァルトロメイ、サンドリーヌ・ボネール
原作:アニー・エルノー「事件」
配給:ギャガ
2021/フランス映画/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/100分/翻訳:丸山垂穂
© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINÉMA – WILD BUNCH – SRAB FILM
https://gaga.ne.jp/anokoto/
Twitter @anokoto_movie

最新映画記事カテゴリの最新記事