消えゆく “まち” の記録と記憶。歌川達人監督「浦安魚市場のこと」

消えゆく “まち” の記録と記憶。歌川達人監督「浦安魚市場のこと」
映像作家・歌川達人が消えゆく “まち” のシンボルである魚屋たちの日常を追ったドキュメンタリー「浦安魚市場のこと」が、12月中旬より渋谷シアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開。ポスタービジュアル、場面写真、纐纈あや監督と小森はるか監督のコメントが到着した。
 
 
 
 
魚屋の活きのよい掛け声。貝を剥き続ける年老いた女性。年末の客たちと店の賑わい。古くから漁師町だった浦安には魚市場があった。工場汚染水の影響で漁業権を放棄して埋立地となった浦安にとって、魚市場が漁村だった町のシンボルでもある。そんな魚市場には、昼は町の魚屋、夜はロックバンド〈漁港〉のボーカルとして活動する森田釣竿がいた。時代の流れとともに変わっていく魚の流通と消費の形。脈々と繋がってきた暮らしを謳歌する浦安の人々。しかし、その瞬間は、緩やかに、そして突然訪れる……。
 
これまで主にカンボジアで短編中編のドキュメンタリー(「時と場の彫刻」「カンボジアの染織物」)を制作してきた歌川達人にとって、本作が初の長編となる。撮影期間中、歌川は浦安魚市場近くへ移り住み、緻密な撮影を重ねた。本プロジェクトでは、映画製作に限らず、写真集作成や魚市場内での映像インスタレーション展示など、多角的なアウトプットを行ってきた。カメラを持ったひとりのアーティストとして、滅びゆく場や営みに対して何ができるのかを見つめた軌跡である。
 
歌川は「日本の浦安という、ローカルな場で記録された時が、映画として、遠くへ旅立ち、誰かに届く。そこで、顔も知らない誰かと共鳴する、あるいは議論される。コロナ禍で、場のあり様や働くことを再考せざるを得ない時期に、そういった営みがどこかで生まれることを願う」と思いを語っている。
 
 
 
氷の上に陳列されたピッチピチの魚たち。一本一本炙られて甘ダレに浸されるハマグリの串。威勢のいいかけ声。
その光景ひとつひとつに心が踊る。魚屋さんは魚を売っているだけじゃない。この魚、おいしいよ!という気合いと手業が込められる。物を介して、思いや会話、いたわりや笑顔が行き交う場所。その市場をまた失ってしまった。僕たちもがんばっているから、お客さんもがんばってほしい、ある魚屋さんの涙に滲む言葉を確かに受け取った。
纐纈あや(映画監督)
 
いつもと同じように始まり、いつもとは違う終わりを迎える、最後の日。
それぞれの目に込み上げた涙や送られる拍手を、誇張せず、省略もせずに見せてくれた。
この一日の長さをどう見せるかに、作り手の思いを受け取る。
最後だけが特別なわけじゃない。
だからこそ最後を丁寧に描く大切さを教わった。
それが終わらせないための記録になると。
小森はるか(映像作家)
 
 
             
 
 
「浦安魚市場のこと」
 
監督・撮影・録音・編集・製作:歌川達人
編集:秦岳志 整音:山本タカアキ カラリスト:田巻源太(Interceptor) 音楽:POSA(すぎやまたくや&紫藤佑弥) 助監督:今井真 英語字幕:Don Brown&櫻井智子 海外セールス:植山英美(ARTicle Films) プロデューサー:長倉徳生、植山英美、歌川達人 制作:有限会社カサマフィルム、ARTicle Films 配給:Song River Production 製作:有限会社カサマフィルム 宣伝:植田さやか 宣伝美術:鈴木規子
助成:文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
2022年/日本/16:9/98分/5.1ch/DCP /カラー
公式サイト:urayasu-ichiba.com

最新映画記事カテゴリの最新記事