Site icon 【公式】「キネマ旬報」ホームページ / キネマ旬報WEB

柄本佑が加藤一浩の戯曲を映画化。真面目で不思議な短編集「ippo」

劇団〈東京乾電池〉に所属し、ユニット〈曖昧なカンパニー〉を主宰する劇作家・演出家の加藤一浩による戯曲をもとに、俳優の柄本佑が監督として2017〜2022年に撮った3本の短編をまとめた連作集「ippo」が、2023年1月7日(土)より渋谷ユーロスペースほかで全国順次公開。柄本監督のコメントが到着した。

 

映画が好きで、小学校の卒業文集に将来の夢「映画監督」と書きました。文中にはフェリーニの『道』が世界一面白い映画だと書き、文末には「誰もが感動して泣ける映画が撮りたいです」と、なんともアホな事を明言してました。そんな彼が映画を撮りました。タイトルは『ippo』といいます。この映画を実現に導いて下さった関係者の方々に本当に感謝です。そしてまだまだ撮りたいものが沢山あるので関わったからにはもう逃がしませんよ、とだけお伝えしておきます。では「誰もが感動して泣ける映画」をどうぞ。
──柄本佑

 

3本すべてが男ふたりの物語で、「ムーンライト下落合」では久々に再会する友人ふたりを加瀬亮と宇野祥平、「約束」では兄弟を渋川清彦と柄本時生、「フランスにいる」では画家とモデルを加藤一浩と高良健吾が演じている。

撮影はすべて「きみの鳥はうたえる」の四宮秀俊が担当し、「ムーンライト下落合」では映画監督の三宅唱と俳優、映画監督の森岡龍が助監督を務めている。

真面目で不思議、ユーモラスでセンチメンタル、そして時に楽しくも不条理な映画世界に期待したい。

 

〈各作品紹介〉

「ムーンライト下落合」2017年/30分

肌寒さを感じる春の深夜。東京・下落合にある長田(加瀬亮)のアパートに、友人の三上(宇野祥平)が泊まりにきている。久しぶりの再会だ。眠れぬ夜を過ごすふたりは、互いの今を探り合うように会話を続ける。

撮影:四宮秀俊 照明応援:竹本勝幸、蟻正恭子 録音:魚野智生 整音・効果:黄永昌 助監督:三宅唱、森岡龍 製作:柄本佑、松井宏 制作主任:佛木雅彦 タイトルデザイン:可児優
出演:加瀬亮、宇野祥平

 

「約束」2022年/27分

梅雨どきのある日。昔ながらの団地の一角の広場に、兄弟がいる。スーツ姿の兄(渋川清彦)と作業着姿の弟(柄本時生)。ふたりはどうやら金に困っている様子なのだが……。

撮影:四宮秀俊 音響:黄永昌 助監督:滝野弘仁 制作主任:飯塚香織 撮影助手:村上拓也 制作助手:前田明 制作応援:鈴木徳至、橋本大駕 製作:柄本佑、松井宏 タイトルデザイン:可児優
出演:渋川清彦、柄本時生、西村順乃介、西村廉乃介

 

「フランスにいる」2019年/17分

フランスの田舎町。一人旅をする日本人の男(高良健吾)と、同じく日本人の画家(加藤一浩)。画家は今まさに、自分のアトリエで男の肖像画を描こうとしている。全編iPhoneで撮影された1本。

撮影:四宮秀俊 音響:黄永昌 助監督:登り山智志 監督助手:小林瑛美 制作主任:鈴村悠 制作応援:細野牧郎、宮﨑輝 車両:岩井克人、吉田大樹 製作:柄本佑、松井宏
出演:高良健吾、加藤一浩

 

「ippo」

監督・脚色・編集:柄本佑
脚本:加藤一浩
エンディング曲:山口ともこ「知らない人の足音だ」
2022年/76分(総尺)/カラー/1.85
製作:がらにぽん、Pigdom 配給・宣伝:ブライトホース・フィルム
©がらにぽん

Exit mobile version