メキシコの誘拐ビジネスに迫る「母の聖戦」、母の執念に心震える予告編
Advertisement

 

メキシコの誘拐ビジネスを題材に、我が子の奪還を誓った母親の愛と執念を描いた実話ベースの物語「母の聖戦」が、1月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開。予告編が到着した。

 

 

予告編は、シングルマザーのシエロに娘が口紅を塗っている微笑ましいシーンから始まる。ところがある日突然、娘を誘拐したという若者が現れ、シエロの平和な日常は一変。犯人の要求に応じるも娘は戻らず、騙されたと知る。

誘拐ビジネスが蔓延するメキシコでは、年間10万人以上が行方不明となっており、多くの身内が泣き寝入りしている。シエロは警察や友人、別れた夫に相談するが「捜しても無駄だ」と相手にされない。それでも娘の救出を誓い、彼女はたったひとりで、凄まじい執念を燃やして危険な世界に足を踏み入れる──。

ダルデンヌ兄弟、クリスティアン・ムンジウ、ミシェル・フランコといった名監督のプロデュースにより、新鋭テオドラ・アナ・ミハイ監督が撮り上げた本作。センセーショナルで骨太な社会派ドラマに期待したい。

 

 

©MENUETTO FILM, ONE FOR THE ROAD,LES FILMS DU FLEUVE, MOBRA FILMS&TEOREMA
配給:ハーク 配給協力:FLICKK

▶︎ 娘の奪還を誓った母! メキシコの誘拐ビジネスの闇に迫る「母の聖戦」

最新映画記事カテゴリの最新記事