奇想天外なマルチバースへ誘う特報や監督コメント到着。「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」

奇想天外なマルチバースへ誘う特報や監督コメント到着。「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」
Advertisement

 

「スイス・アーミー・マン」の奇才ダニエル・シャイナート&ダニエル・クワン(通称ダニエルズ)が、ミシェル・ヨー主演、キー・ホイ・クァン(「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」「グーニーズ」)共演で、カンフーとマルチバースの融合した人類救済アドベンチャーを描く「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」が、3月3日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開。IMAX®の同時上映も決定し、このたび特報、日本版キービジュアル、監督コメントが到着した。

 

 

世界興収1億ドル突破でA24史上最大のヒット作となり、本年度ハリウッド批評家協会賞で作品賞を含む7部門を受賞、アカデミー前哨戦とも呼ばれるゴッサム賞にも多部門でノミネートされた本作。日本版キービジュアルは、ファイティングポーズをキメたエヴリン(ミシェル・ヨー)を中心に、さまざまなキャラやアイテムを配し、マルチバースのカオスを窺わせる。

 

 

破産寸前のコインランドリーを経営するエヴリン(ミシェル・ヨー)は、気が弱く優柔不断な夫のウェイモンド(キー・ホイ・クァン)、いつまでたっても反抗期の娘、ボケているのに頑固な父を抱えたうえ、税金申告の締め切りが迫ってテンパりモード、まさに人生どん底状態。そんな彼女が国税庁の監査官(ジェイミー・リー・カーティス)に厳しく追及されている最中に、突如として夫に連れて行かれたのは、なんと並行世界(マルチバース)! めくるめく三千世界に迷い込んだ彼女の前に現れたのは、「僕は君の夫じゃない。別の宇宙(ユニバース)から来た“僕”だ」と言う、見違えるようにたくましい夫だった。さらに「マルチバース全体に巨大な悪が。君だけがそれを止められるんだ」と告げられたエヴリンは救世主へと覚醒?! カンフーマスターばりの身体能力を手に入れ、全人類の命運を掛けた闘いに挑んでいくが……。

特報では、マルチバースへジャンプしたエヴリンの高速七変化、ウェイモンドの“ある物”を使ったカンフーアクション、惑星の衝突、爆発して紙吹雪となる頭部など、奇想天外な場面が一挙に紹介される。

 

ダニエル・シャイナート&ダニエル・クワン監督の日本ファンへ向けたコメント

──日本での公開に向けて、どのようなことを期待されていますか?

監督:日本の皆さんにやっとこの映画を観ていただけるので、とても嬉しく思っています。日本のアートは想像力豊かで、遊び心があり、そしてパンクです。日本のアニメや映画を見ていると、ボクらももっとリスクを取ってそして楽しんで作品を作らなくては、という気になります。ボクらは皆さんがこの映画で日本のカルチャーが反映されていることを発見して欲しいと思っています。それと、日本はファンアートや映画のポスターが最高ですよね。いつも楽しませてもらっています。

──この映画を作ろうと思った背景を教えてください。

監督:この映画は、インターネット時代に生きている我々の感情を表現してみました。言葉にはしがたいこのとてつもなく圧倒される感情をとらえて、それを乗り越えていきたいと思いました。始めから、エキサイティングなアイデアが3つありました。

1)バカバカしい闘いを繰り広げるSF・アクション映画
2)21世紀の移民の物語を通して家族愛を描く
3)あまりに多くの別宇宙に行きすぎ、哲学的な思想を探求することになるマルチバースムービー

また、この映画は多くのアジア映画へのラブレターでもあるのです。日本のアニメ作品やあらゆるものからインスピレーションを受けてこの映画を作ったので、日本の皆さんにはぜひ楽しんでもらいたいと思っています。

──日本のファンへのメッセージをお願いします。

監督:ハロー、日本の皆さん!
願わくば、本作の公開を皆さんと一緒に日本でお祝いできたらと思っています。
日本にはまだ一度しか行ったことがありませんが、訪れた街、食べたもの、触れた芸術の全てがとても好きになりました。日本に行く理由を作るのに、また別作品をつくりたいなって思っています!

 

© 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
配給:ギャガ

▶︎ A24史上No.1ヒット! ミシェル・ヨーがマルチバースで奔走!「EVERYTHING EVERYWHERE ALL AT ONCE」

最新映画記事カテゴリの最新記事