台湾ヒット作を岡田将生&清原果耶でリメイクした「1秒先の彼」、追加キャスト9名発表

台湾ヒット作を岡田将生&清原果耶でリメイクした「1秒先の彼」、追加キャスト9名発表
Advertisement

 

台湾アカデミー賞で同年最多部門を受賞した「1秒先の彼女」を、監督・山下敦弘 × 脚本・宮藤官九郎のタッグならびに岡田将生&清原果耶のW主演により、京都を舞台に男女のキャラクター設定を逆転させてリメイクした「1秒先の彼」が今夏公開。追加キャスト9名が発表された。

 

 

郵便局の窓口で働くハジメ(岡田将生)は、何をするにもワンテンポ早い。いつも相手から告白されるのに、「イケメンなのになんか残念」と必ずフラれてしまうのだ。ある日、路上ミュージシャンの桜子に恋したハジメは、必死のアプローチで花火大会デートの約束を取り付けるも、目覚めるとなぜか翌日に。“花火大会デート”が消えてしまった⁉︎ 消えた1日の手掛かりとなるのは、毎日郵便局にやってくるワンテンポ遅いレイカ(清原果耶)のようで……。

桜子役は、圧倒的な演技力と歌唱力でオーディションを勝ち抜いた新星・福室莉音。ハジメの幼少期を演じるのは柊木陽太(『カムカムエヴリバディ』『PICU 小児集中治療室』『岸辺露伴は動かない』「怪物」)。レイカの幼少期を演じるのは加藤柚凪(『監察医 朝顔』「浅田家!」「あの庭の扉をあけたとき」)。

ハジメの母親役の羽野晶紀、ハジメが高校生のときに失踪してしまう父親役の加藤雅也、ハジメが聴いているラジオ番組のDJとして本人役で登場する笑福亭笑瓶など、京都が舞台となるだけに関西出身の面々も集結。

さらに、郵便局の同僚エミリ役に松本妃代(『おちょやん』『やんごとなき一族』)。エミリの彼氏役に、台湾出身の父と日本人の母を持ち、京都出身である朝井大智。花火師を山下監督とは「マイ・バック・ページ」以来のタッグとなる山内圭哉が演じる。

なお、オリジナル版の台湾映画「1秒先の彼女」は2月9日(木)より動画配信が各サービスでスタート。リメイク版公開前にチェックしたい。

 

「1秒先の彼」

監督:山下敦弘 脚本:宮藤官九郎
出演:岡田将生、清原果耶、福室莉音、笑福亭笑瓶、松本妃代、柊木陽太、加藤柚凪、山内圭哉、朝井大智、羽野晶紀、加藤雅也
製作:『1秒先の彼』製作委員会 制作プロダクション:マッチポイント 製作幹事・配給:ビターズ・エンド
©2023『1秒先の彼』製作委員会
bitters.co.jp/ichi-kare/

最新映画記事カテゴリの最新記事