CATEGORY キネマ旬報

6人の監督が語る「持続可能な映画界を目指して、の第一歩」

是枝裕和、諏訪敦彦、岨手由貴子、西川美和、深田晃司、舩橋淳の6人が、3月18日、映画監督有志の会として連名で発表した、「私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します。」という声明に、映画業界の内外から多くの反響が寄せられているという。(声明はこちら) 映画監督有志の会の6人は、最近明るみになった、ハラスメントや性暴力などの問題について取り組むことも含めて、持続可能な映画界を構築していく […]

「キネマ旬報」表紙で振り返る映画女優展

2020年10月16日(金)〜11月8日(日)に開催される「日比谷シネマフェスティバル2020」の会場となる日比谷ミッドタウン、日比谷シャンテ内に、1950〜1960年代を彩った映画女優たちの「キネマ旬報」表紙パネル、約30点が展示されます。

巻頭特集【追悼 映画俳優 渡哲也】のお知らせ

映画雑誌『キネマ旬報』10月下旬特別号(10月5日発売)の 巻頭特集は、今年8月10日に惜しくも逝去された俳優の渡哲也さんの 「映画俳優」の側面にスポットを当て、映画俳優 渡哲也の残した沢山のものごと、 その色彩と熱へと踏み込み、心からのリスペクトを捧げた追悼特集となります。