山寺宏一 ヤマデラコウイチ

  • 出身地:宮城県
  • 生年月日:1961/06/17

山寺宏一の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ミニオンの月世界

    制作年: 2024
    「FLY! フライ!」と同時上映される、「怪盗グルー」シリーズの短編作品。「怪盗グルーの月泥棒」の後日談。月に追いやれてしまったグルーの敵役ベクターが月からの生還を果たすべくミニオンと共に試行錯誤するが……。ベクター役は「怪盗グルーの月泥棒」でも同役を演じた、山寺宏一が務めている。
  • BLOODY ESCAPE ‐地獄の逃走劇‐

    制作年: 2024
    「ONE PIECE FILM RED」の谷口悟朗が原案・脚本・監督を務めたバイオレンスアクションアニメ。壁で分断された未来の東京を舞台に、改造人間キサラギと吸血鬼集団“不滅騎士団”、親分の敵討ちを誓うヤクザが三つ巴の死闘を繰り広げる。声の出演は「映画 佐々木と宮野-卒業編-」の小野友樹、「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の上田麗奈、「攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間」の山寺宏一。
  • ウィッシュ

    制作年: 2022
    2023年に創立100 周年を迎えたディズニーの記念作となるミュージカル・アニメーション。17歳のアーシャは、どんな願いもかなうと言われているロサス王国で暮らす前向きで明るい少女。だが、ある出来事をきっかけに王国の真実を知ってしまい、世にも恐ろしいマグニフィコ王に立ち向かう。「アナと雪の女王」のスタッフ陣が集結。「白雪姫」「ピノキオ」「シンデレラ」など<強く願う力>で道を切り開いてきたディズニー作品の主人公たちに連なる新たなヒロインが誕生した。アーシャ役の日本版声優を務める生田絵梨花が、劇中歌「ウィッシュ~この願い~」を力強く歌い上げる。
  • ワンス・アポン・ア・スタジオ 100年の思い出

    制作年: 2023
    ディズニー創立100周年を記念して製作された短編映画。歴代の85以上の長編および短編映画から、543ものキャラクターが登場する。Disney+で2023年10月16日から字幕版が配信。2023年12月15日からは、劇場のみの特別吹き替え版が登場。ディズニー100周年の長編アニメーション「ウィッシュ」と同時上映で劇場公開される。
  • 攻殻機動隊 SAC 2045 最後の人間

    制作年: 2023
    『攻殻機動隊』シリーズ初のフル3DCGアニメとなったwebシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』のシーズン2を、新たなシーンと視点により再構成。電脳犯罪に立ち向かう全身義体のサイボーグ・草薙素子ら公安9課は、難民集団『N』を率いるシマムラタカシと邂逅し……。シーズン1を再構成した「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」から続き、『攻殻機動隊 SAC_2045』シリーズの監督・神山健治と荒牧伸志が総監督を務め、監督を「新聞記者」「余命10年」など実写映画を手がけてきた藤井道人が担当。
  • 雄獅少年 ライオン少年

    制作年: 2021
    中国の田舎町に暮らす貧しい少年が「獅子舞バトル」によって自らの人生を切り拓いていく姿を描く中国発のアニメーション。格差社会の底辺に生まれながらも困難を乗り越えて成長する主人公・チュンの声を花江夏樹、チュンに獅子舞全国大会のきっかけを与える同じ名前のヒロイン・チュンの声を桜田ひよりが担当した。その他、山口勝平、落合福嗣、山寺宏一、甲斐田裕子ら豪華声優陣が結集。武術・技芸・演劇の特長をあわせもった民間芸術の一つである中国獅子舞を題材に、いかに自分らしく勇敢に生きていくかを考えさせる物語に加え、世界最高クオリティのCG アニメーションが堪能できる。中国で2021年度公開映画の満足度ランキング第一位を獲得した。2022年4月29日に字幕版で公開された「雄獅少年 少年とそらに舞う獅子」の日本語吹き替え版。