フラッグ・デイ 父を想う日

父は犯罪者だった──。ショーン・ペン監督・主演のカンヌ出品作「フラッグ・デイ 父を想う日」

名優ショーン・ペンが監督・主演を務め、“大好きな父親がアメリカ最大級の贋札事件の犯人だった”という衝撃の実話を映画化。第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された「フラッグ・デイ 父を想う日」が、今冬にTOHOシネマズ シャンテほかで全国公開される。     原作はジャーナリストのジェニファー・ヴォーゲルが2005年に発表した回顧録「Film-Flam Man: T […]