ソフィー・マルソーに再び恋する!「ラ・ブーム」2作がデジタル・リマスター版で公開

ソフィー・マルソーのスクリーンデビュー作「ラ・ブーム」(80)と続編「ラ・ブーム2」(82)が、日本公開40周年を記念し、デジタル・リマスター版で12月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋、新宿シネマカリテほかで2作同時公開。ポスタービジュアルが解禁された。

 

 

本国フランスで450万人を動員するヒットを記録し、日本でも1982年に公開されて若者を中心に爆発的な支持を得た「ラ・ブーム」。700人の応募者から主人公ヴィック役に選ばれた当時16歳のソフィー・マルソーがアイドル的な人気を博し、両親をクロード・ブラッスールとブリジット・フォッセーが演じている。

ヴィックの初恋物語を彩るリチャード・サンダーソンの劇中歌『愛のファンタジー』(原題:Reality)もヒットした。なお、タイトルのフランス語「ブーム」とはパーティーのこと。

 

 

続編の「ラ・ブーム2」は、前作の製作陣とキャストが再結集。新たなボーイフレンドのフィリップに今までにない感情を抱くヴィックと、両親をはじめとする周囲の人間模様を描く。ヴィックとフィリップが出かけたコンサートでクック・ダ・ブックスが歌う主題歌『恋する瞳』(原題:Your Eyes)も話題を呼んだ。

 

「ラ・ブーム 40周年記念デジタル・リマスター版」

新学期を前に、歯科医の父フランソワ、漫画家の母フランソワーズと共にパリに越してきた13歳のヴィック。クラスメイトに誘われた初めてのブーム(=パーティー)でマチューに出会い、惹かれていく。初めての恋で頭がいっぱいのヴィックだったが、同時にいつも彼女を見守っていた両親の関係に、大きな変化が訪れていた……。

監督:クロード・ピノトー 出演:クロード・ブラッスール、ブリジッド・フォッセー、ソフィー・マルソー
1980/フランス/フランス語/カラー/111分 原題:LA BOUM
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 配給:ファインフィルムズ
© 1980 Gaumont

 

「ラ・ブーム2 40周年記念デジタル・リマスター版」

前作から2年。ドイツのバイエルンで夏の休暇を過ごしていた15歳のヴィックは、ひいおばあちゃんの誘いに乗って一足早く帰ることに決め、パリ行きの列車でフィリップという青年と知り合う。
やがてパスポートの取り違えがきっかけでフィリップと再会し、付き合うことになったヴィック。かつてのボーイフレンドであるマチューが開いたブーム(=パーティー)に2人で参加するが……。

監督:クロード・ピノトー 出演:クロード・ブラッスール、ブリジッド・フォッセー、ソフィー・マルソー
1982/フランス/フランス語/108分/カラー 原題:LA BOUM2
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 配給:ファインフィルムズ
© 1982 Gaumont

2作品URL(近日公開予定) http://www.finefilms.co.jp/laboum/

最新映画記事カテゴリの最新記事