石原さとみ主演 × 吉田恵輔監督。狂った世の中を斬る社会派衝撃作「ミッシング」

 

「ヒメアノ〜ル」(16)「愛しのアイリーン」(18)「空白」(21)の吉田恵輔監督がスターサンズと3度目のタッグを組み、石原さとみが娘の失踪をきっかけに情報の荒波に翻弄されていく主人公を演じる「ミッシング」が制作決定。2024年の公開を予定している。

 

 

ある街で少女の行方不明事件が発生し、手掛かりのないまま3ヶ月が経つ。少女の失踪時、母の沙織里はアイドルのライブに出かけていた。茶髪にメッシュという風貌も手伝って「ライブ狂いで育児放棄の母」という誹謗中傷がネットに溢れ、沙織里は苛立ちを募らせる。また、次第に冷静になっていく夫とは温度差が生じ、喧嘩が頻発。やがてマスコミも世間も当初の関心を失う中、地元のテレビ局だけは、奔走する沙織里を追い続けるが──。

SNSや偏向報道から浮かび上がる現代社会の闇に切り込む注目作。完成を待ちたい。

 

石原さとみ(主演)コメント
6年前、吉田監督に、どんな役でもいいから一緒に仕事がしたい、と直談判しに行きました。
そこから数年後、この作品の連絡を頂き、嬉しさのあまり叫びました。
妊娠出産を経て、ついに憧れの吉田組で1年9か月ぶりのお芝居を今しています。
我が子という自分の命よりも大切な存在を知った今、この役柄は本当に辛く苦しく精神が削られます。
ですが、今の私だからこそ、できる役です。
大きな覚悟を持って最後まで沙織里を生きていきます。

吉田恵輔(脚本・監督)コメント
本作は自分のキャリアの中で最も覚悟のいる作品になります。
執筆中から何度も手を止めてしまうほど、辛く苦しい現実を描きました。
主演の石原さんを筆頭にキャスト達はメンタルが削られる芝居の連続だと思います。
しかし、どんな状況でも前に進む強さ、他者への想像力や共感。
人間の愚かしくも美しい瞬間を撮影できたら幸いです。
どうか我々の覚悟が皆様に届きますように。

 

「ミッシング」

主演:石原さとみ 脚本・監督:吉田恵輔
製作幹事:WOWOW 企画:スターサンズ 制作プロダクション:SS工房
配給:ワーナー・ブラザース映画
©︎2024「missing」Film Partners
公式HP:missing-movie.jp

今日は映画何の日?

注目記事