ロシア辺境を漂流する父と娘──。カンヌ映画祭監督週間出品「グレース」

 

ロシア辺境を舞台に、移動映画館で日銭を稼ぐ父と思春期の娘による旅の日々を描き、2023年カンヌ国際映画祭監督週間に出品された「グレース」が、10月19日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。ティザーポスターと特報映像が到着した。

 

 

ロシア南西部、乾いた風が吹きつけるコーカサス。寡黙な父と10代半ばの娘は、移動映画館を営みながら錆びたバンで旅をしている。母の不在が二人に影を落とす──。

監督・脚本はドキュメンタリーを手掛けてきた新鋭イリヤ・ポヴォロツキー。妥協なきフレーミングで、風景や人物を16ミリフィルムに定着させていく。なお撮影されたのは2021年秋で、それからほどなくして始まるロシアのウクライナ侵攻に対し、監督は明確に反対している。

父と娘の漂流の先に何が待つのか、見届けたい。

 

 

〈レビュー〉

近年で最も衝撃的な長編デビュー作のひとつ。
──International Cinephile Society

ヴィム・ヴェンダース初期作のような哀愁の旅。
──Télérama

タルコフスキーを彷彿とさせる映像美。
──Cahiers du Cinéma

気難しく荒涼とし、強烈なメランコリアが染み込んだ、まさにロシア映画と呼びたくなる作品。
──International Cinephile Society

眩いダイヤの原石のような映画。スクリーンの全領域を捉え、かつてないほどそこに確かに存在し、見る者の眼差しを若返らせる。
──Le Monde

スローシネマの力と広大な風景をテーマに構成された、集団的体験としての映画への賛美。
──International Cinephile Society

疎外され、暴力的で、泥沼化し、漂流する現代ロシアの肖像。
──Caiman Cuadernos de Cine

世代間の緊張と青春の物語を独創的に描いた傑作。
──Screen Daily

 

「グレース」

監督・脚本:イリヤ・ポヴォロツキー 撮影:ニコライ・ゼルドビッチ 音楽:ザーカス・テプラ
出演:マリア・ルキャノヴァ、ジェラ・チタヴァ、エルダル・サフィカノフ、クセニャ・クテポワ
原題:Блажь|Blazh 日本語字幕:後藤美奈
配給:TWENTY FIRST CITY 配給協力:クレプスキュール フィルム
2023年/ロシア/ロシア語、ジョージア語、バルカル語/119分/カラー/ヨーロピアンビスタ

今日は映画何の日?

注目記事