円谷英二 ツブラヤエイジ

  • 出身地:福島県岩瀬郡須賀川仲町
  • 生年月日:1901年7月5日
  • 没年月日:1970年1月25日

略歴 / Brief history

円谷家に当主・一郎の実姉セイに婿養子・勇を迎えて生まれた。10年、徳川好敏の日本初の公式飛行に刺激され、飛行機に強く憧れるようになる。14年、須賀川町立第一尋常高等小学校を卒業、同小学校高等科に入学。16年、高等科を卒業、上京し月島機械製作所に入社するが、一カ月余で退社、羽田の民間の日本飛行学校に入学するが翌年退校、神田の電気学校(現・東京電気大学)に入学。19年、天然色活動写真株式会社の技師長・枝正義郎の勧めで天活に入社、枝正に師事して撮影、現像術を学ぶ。20年、国際活映株式会社の天活買収により国活入社。同年、神田電気学校を卒業。21年国活退社、甲種合格現役兵として会津若松歩兵連隊に入営。23年、除隊になり上京、24年小笠原プロダクションに所属、26年京都の衣笠映画聯盟に参加、衣笠貞之助監督の「狂った一頁」に撮影助手としてつく。27年松竹京都の林長二郎(長谷川一夫)のデビュー主演作「稚児の剣法」でキャメラマンとしてデビューする。以後松竹京都に所属。32年、松竹を退社、日活に入社。34年日活退社、J・Oトーキー(後、J・Oスタジオ)に入社。36年、記録映画「赤道を越へて」監督第一作。同年、劇映画「小唄礫・鳥追お市」を監督。37年日独合作映画「新しき土」で日本初の本格的スクリーン・プロセスを完成、同年11月“東宝ブロック”併合により東宝東京撮影所に転じ、特殊技術課を創設し初代課長となり特殊効果撮影専門となる。40年阿部豊監督「燃ゆる大空」で日本カメラマン協会・特殊技術賞を受賞。42年「ハワイ・マレー沖海戦」で日本映画撮影者協会より技術研究賞を受賞。日本の映画界に特撮の重要性を認識させた作品である。44年、特撮専門スタジオ・航空教育資料製作所の責任者となる。48年、戦時中に陸海軍の嘱託となり、軍の各種教材映画製作に従事したため、公職追放指定を受け東宝を離れフリーとなり、円谷特殊技術研究所を設立、新東宝、松竹、大映、東横映画等の特撮を下請け製作。52年、追放解除となりフリーの立場で東宝に復帰。53年、戦後初の本格特撮、本多猪四郎監督の「太平洋の鷲」を手掛けた後、54年日本で最初の怪獣映画、本多猪四郎監督の「ゴジラ」の特撮で日本映画技術賞を受け、55年小田基義監督「ゴジラの逆襲」で世界初めて一枚タイトルで“特技監督”とクレジットされる。56年、豊田四郎監督のファンタジー「白夫人の妖恋」でカラー特撮に挑戦、同年にはカラー怪獣映画第一号「空の大怪獣ラドン」を、57年にはカラー・ワイドの「地球防衛軍」を発表、「地球防衛軍」で日本映画技術賞を受賞。59年日本神話を描いた稲垣浩監督の「日本誕生」で日本映画技術賞受賞。12月1日映画の日に特別功労者として表彰される。60年松林宗恵監督「太平洋の嵐」で初のカラー戦争特撮にタッチ。61年松林宗恵監督の終末SF「世界大戦争」で核戦争の恐怖をスクリーンに描いた。63年、円谷特技プロダクションを設立、社長に就任。同年谷口千吉監督の「大盗賊」で日本映画技術賞を受賞。65年本多猪四郎監督「怪獣大戦争」で同じく日本映画技術賞を受ける。66年、円谷自身監修による特撮テレビ映画「ウルトラQ」「ウルトラマン」(円谷プロ)で爆発的な怪獣ブームを巻き起こした。69年丸山誠治監督「日本海大海戦」が事実上の遺作となり、70年1月25日、狭心症心臓ぜん息のため永眠、享年68歳。没後、勲四等瑞宝章を贈られる。75年東映太秦映画村に映画の殿堂が設けられ、第一回殿堂入り。円谷英二はキャメラマンからスタートし、特殊効果撮影に転じ、戦記特撮、怪獣映画、ファンタジー、SFと様々なジャンルを手掛け、斬新なアイディアと大胆な構図、巧みな編集技術で日本の特撮を世界のトップ・レベルにまで引きあげ、“特撮のツブラヤ”の名は世界に轟き、日本の映画技術史上に偉大な歴史を作った。また、後進を多く育成し、特技監督システムの確立も円谷の大きな功績である。円谷は正確にはツムラヤと読むのだが、我々には親しみ深い“ツブラヤ”で通して読んでいいだろう。

円谷英二の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

    制作年: 1954
    日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。
    90
  • ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

    制作年: 2013
    1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。
  • ウルトラQ「五郎とゴロー」

    制作年: 1966
    不可思議な事件に迫る新聞記者とパイロットたちの活躍を描く空想特撮シリーズ第1弾「ウルトラQ」。今作は巨大化してしまった猿と青年との交流を描く第2話「五郎とゴロー」。監督は円谷一。脚本は金城哲夫。出演は佐原健二、西條康彦、桜井浩子ほか。1990年4月14日より公開中だった「ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説」の併映として第17話「1/8計画」と同時上映。
  • ウルトラQ「1/8計画」

    制作年: 1966
    不可思議な事件に迫る新聞記者とパイロットたちの活躍を描く空想特撮シリーズ第1弾「ウルトラQ」。今作は人口増加対策として人間を1/8に縮小するしさく計画を描く第17話「1/8計画」。監督は円谷一。脚本は金城哲夫。出演は佐原健二、西條康彦、桜井浩子ほか。1990年4月14日より公開中だった「ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説」の併映として第2話「五郎とゴロー」と同時上映。
  • ウルトラマン 怪獣大決戦

    制作年: 1979
    今春封切られた「実相寺昭雄監督作品 ウルトラマン」そしてゴールデン・ウィークの「ウルトラマン ZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団」に続くシリーズ三作目。脚本は千束北男、監督はTV界で活動している女流作家、宍倉徳子、撮影は「ウルトラマン(1979)」の内海正治と同作の福沢康道、「ウルトラの戦士VS大怪獣軍団 ウルトラマン ゾフィー ZOFFY」の佐川和夫と鈴木清がそれぞれ担当。この春から放映されたTVアニメ・シリーズ「ザ・ウルトラマン」の主人公ウルトラマン・ジョーを加えて十二人となったウルトラ・ファミリーが十大怪獣との戦いを描く。TVシリーズ「ウルトラマン」の第2話、3話、8話、16話、25話を中心に新撮シーンを加え再編集している。
  • ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃

    制作年: 1969
    「緯度0大作戦」の関沢新一が脚本を執筆し、本多猪四郎が監督した怪獣もの。特技監督は円谷英二、撮影は富岡素敬が担当した。
    60