ニコラス・ホルト ニコラスホルト

  • 出身地:イングランド
  • 生年月日:1989年12月7日

ニコラス・ホルトの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • モンタナの目撃者

    制作年: 2021
    アカデミー賞受賞女優アンジェリーナ・ジョリーの『ソルト』以来11年ぶりのアクション映画。アンジーが人間には太刀打ちできない「大自然の脅威」と凄腕の「暗殺者」に行く手を阻まれながらも、少年を守るために戦う森林消防隊員ハンナを演じる。監督・脚本は「ボーダーライン」(2015)で初脚本を務め、監督デビュー作「ウインド・リバー」(2017)で第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞したテイラー・シェリダン。「木を切り、火をおこす方法から教わった」と語るアンジェリーナ・ジョリーは、森林消防隊員のハンナを演じることは大自然でのサバイバルの連続だったと語る。過去に壮絶な事件を”目撃”したことで心に大きなトラウマを抱える森林消防隊員のハンナは、暗殺者による父の死を間近で“目撃”し、父が守り抜いた“秘密”のために暗殺者に追われる少年コナーとタッグを組む。背後に迫る凄腕の暗殺者、目前に立ちはだかる広大なモンタナの大自然に燃え盛る巨大な炎―2つの脅威に行く手を阻まれる極限状態で、少年を守り戦うサバイバルサスペンス。
  • トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング

    制作年: 2019
    かつてミック・ジャガーが「太陽の果てに青春を」で、故ヒース・レジャーが「ケリー・ザ・ギャング」で演じたオーストラリアの伝説の義賊ネッド・ケリーの生涯を、「1917 命をかけた伝令」のジョージ・マッケイ主演で描くパンク精神あふれる反逆ムービー。豪アカデミー賞12部門のうち主要3部門で受賞、カルト・ムービーの巨匠ジョン・ウォーターズ監督が“2020映画ベスト10”に選出。1855年にアイルランド移民の長男として生まれたネッド・ケリーは窃盗や強盗を繰り返した無法者だが、現代でもオーストラリアに「ケリーのように勇敢に(as game as Ned Kelly)」という表現があるほど英雄として人気が高い。本作ではそんなネッド・ケリーを、悲惨な境遇から抜け出そうと苦悩し、怒り闘うひとりの若者として捉えたピーター・ケアリーのブッカー賞(イギリス最高の文学賞)受賞小説を原作に映画化。腐敗した権力に屈することを拒否し、兄弟や仲間たちと“ケリー・ギャング”を結成、国中にその名を轟かす反逆者となったネッドの姿を壮絶に描き出している。母親がネッドを売り渡すブッシュレンジャー(盗賊)のハリー・パワーにラッセル・クロウ、ネッドに屈折した想いを寄せ執拗に追い詰める警官のフィッツパトリックにニコラス・ホルト、ネッドの家族に横暴を尽くすオニール巡査部長にチャーリー・ハナムと豪華キャストが結集。「アサシン クリード」でハリウッドに進出したジャスティン・カーゼル監督が新たな伝説を誕生させた。
  • エジソンズ・ゲーム

    制作年: 2019
    19世紀、誕生間もない電気の覇権を巡って繰り広げられた“電流戦争”を豪華キャストで映画化。安全な直流方式での送電を主張する発明王エジソンと、効率的な交流方式を主張する実業家ウェスティングハウス。訴訟や駆け引き、裏工作の末に勝利するのは……?出演は「1917 命をかけた伝令」のベネディクト・カンバーバッチ、「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」のマイケル・シャノン、「トールキン 旅のはじまり」のニコラス・ホルト、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のトム・ホランド。監督は「ぼくとアールと彼女のさよなら」のアルフォンソ・ゴメス=レホン。
  • トールキン 旅のはじまり

    制作年: 2019
    「ロード・オブ・ザ・リング」の原作者J・R・R・トールキンの前半生を映画化。幼くして両親を亡くしたトールキンは、奨学金でキング・エドワード校に通う。そこで3人のかけがえのない友人と出会い、下宿先でも3歳年上の女性エディスと絆を深めるが……。出演は、「女王陛下のお気に入り」のニコラス・ホルト、「あと1センチの恋」のリリー・コリンズ、「オリエント急行殺人事件」のデレク・ジャコビ、「ダンケルク」のトム・グリン=カーニー。監督は、「トム・オブ・フィンランド」のドメ・カルコスキ。
    88
  • X-MEN:ダーク・フェニックス

    制作年: 2018
    特殊能力を持つミュータントたちの活躍を描いた人気シリーズ「X-MEN」第7弾。X-MENの一員であるジーン・グレイが宇宙で事故に遭遇。これによりダークサイドが覚醒し、世界を滅ぼすほどの強大なパワーを持つダーク・フェニックスに変貌する……。出演は前作「X-MEN:アポカリプス」に引き続きジーン・グレイを演じるソフィー・ターナー、「ミスター・ガラス」のジェームズ・マカヴォイ、「エイリアン:コヴェナント」のマイケル・ファスベンダー。「X-MEN:アポカリプス」の脚本を担当するなど、長年にわたってシリーズに携わってきたサイモン・キンバーグが、長編映画初監督を務める。
    70
  • 女王陛下のお気に入り

    制作年: 2018
    第75回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞・女優賞受賞の歴史ドラマ。18世紀初頭、フランスと戦争中のイングランドで虚弱な女王アンを幼馴染のレディ・サラが操っていた。そこにサラの従妹で没落したアビゲイルが召使いとして参内し、サラと女王を惹きつける。監督は、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」のヨルゴス・ランティモス。出演は、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「否定と肯定」のレイチェル・ワイズ、「ロブスター」のオリヴィア・コールマン。
    80