小説家&遺児の同居奇譚コミック『違国日記』を、新垣結衣主演 × 瀬田なつき監督で映画化

 

人見知りな30代女性とその姪との奇妙な交流を綴ったヤマシタトモコのコミックを、新垣結衣主演 × 瀬田なつき監督(「PARKS パークス」「ジオラマボーイ・パノラマガール」)で映画化した「違国日記」が2024年に公開される。

 

 

小説家の高代槙生(35)は、交通事故で亡くなった姉夫婦の葬式に参列。そこで遺児の田汲朝(15)が親戚間をたらし回しにされているのに我慢できず、自分が引き取ると啖呵を切る。
そうしてふたり暮らしが始まるが、さっそく槙生の人見知りが発動し、朝は困惑。なかなか理解し合えないものの、時間を重ねる中でそれぞれ傷と向き合い、心を通わせていく──。

『さんかく窓の外側は夜』などで知られるヤマシタトモコの原作コミックは、「FEEL YOUNG」(祥伝社)で2017年7月号より連載。〈マンガ大賞2019〉第4位および〈このマンガがすごい!2019〉オンナ編第4位に輝き、単行本は125万部を突破、そして連載誌6月8日発売号でついに最終回を迎える。原作の結末と今回の映画化、ともに注目だ。

 

〈コメント〉

主演:新垣結衣(高代槙生役)
淡々として、ゴワゴワして、ヒリヒリして、じんわりして。
槙生と朝が一緒に過ごした時間には、そんな一言では表せないような想いがたくさん詰まっていて尊く感じました。
ただの親戚でも親子でも友達でもない二人の関係性が好きです。
見える世界が少しずつ広がっていくとき、じんわりとしたあたたかさが感じられる作品になると良いなと思います。

監督:瀬田なつき
読むたびに、たくさんの発見をもらう大切な漫画『違国日記』を映画化できること、そして、新垣結衣さんをはじめとする素晴らしい皆さんとともに作れることに、とてつもないゾクゾクと、ワクワクがざわめいています。いつもの世界が、映画を見終わった後、ちょっと新しく見えるような、そんな暮らしを描けたらと思います。
ひとりでも多くの人に、この映画を届けられるよう、キャスト・スタッフみんなで丁寧に誠実に作っていきたいです。楽しみにしていてください。

原作者:ヤマシタトモコ
この世の誰よりも私が最も驚いていますがなんと映画になります。
映画での朝と槙生の風景を楽しんでくださればと思います。

 

「違国日記」

原作:ヤマシタトモコ(祥伝社フィールコミックス)
脚本・監督:瀬田なつき
出演:新垣結衣
企画・制作:東京テアトル 配給:東京テアトル、ショウゲート
©2024『違国日記』製作委員会
公式Twitter:@ikokunikkimovie