「SISU/シス 不死身の男」、漫画家・山本英夫のイラストと著名人のコメント到着

 

伝説の老兵が〈ツルハシ1本〉と〈折れない心=SISU〉を武器に、ナチス戦車隊をたった一人で血祭りに上げていく──。ヤルマリ・ヘランダー監督(「レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース」「ビッグゲーム 大統領と少年ハンター」)の新作であり、2022年シッチェス・カタロニア国際映画祭ファンタスティック・コンペティション部門で最優秀作品賞など4部門を受賞したバイオレンスアクション「SISU/シス 不死身の男」が、10月27(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開。『殺し屋1』『ホムンクルス』などで知られる漫画家・山本英夫のイラストと、著名人のコメントが到着した。

 

©山本英夫

 

イラストは、主人公アアタミが荒野で縛り首になる絶体絶命のシーン。だが目は死んでいない。どんな方法で脱出するのか?

 

〈コメント〉 (五十音順)

タイトルに偽りなし!不死身すぎると笑えるんですね。
──石野卓球(電気グルーヴ)

多勢に無勢、孤立無援、四面楚歌?。こうした事態は社会を生き抜くうえで何度でも遭遇する。だが、そんなときはこの漢を思いだせ。彼はアクション映画の中だけの幻像ではない。世の理不尽や困難と対峙するとき、キミを奮い立たせる不撓不屈のシンボルなだ。
──尾﨑一男/映画評論家・映画史家

鉛色の空、乾いた荒野、戦にくたびれきった人びと……圧倒的な殺風景の中で繰り広げられる、不屈の老戦士による大活劇! 何から何まで我が好みにバッチリで、最後の最後まで血湧き肉躍りつつ浸りきりました。
──春日太一/時代劇研究家

ラップランドに舞い降りた伝説の戦士は、その身一つで命を繋ぎ、唸り声一つでナチスを撃退する。こんなコスパのいい不死身男の前ではハリウッド映画のタフガイたちも形無しだ。いやぁー、参った!!!
──清藤秀人/映画ライター

マッハの如くスピーディに駆け抜ける極上の時間。痛快に次ぐ痛痛快快の繰り返し。脳内には最高級御ムービーの残像が鮮明に蠢き、洗われた華奢なワタクシの身体を泥で汚したくなるのです。究極のオスたる姿を前頭葉に貼り付けられ次第。
MAXの生命力を是非是非!御LOOKご堪能!マナコから入力し脳内に蓄積されよ。マジおもろっ❤︎
──くっきー!(野性爆弾)/芸人

災難に遭遇したといえるのは、どっちなのか⁉︎ 数と武力に勝るナチス軍の慢心と油断が、北欧の偉大なる〝SISU(不屈の精神)〟を目覚めさせてしまった! 彼こそがツルハシ一本で地獄の底から這い上がる戦場の死神。狙われたが最後、墓標のごとく死亡フラグが立ちまくる…(泣) ナチス軍の視点で観るならば、本作は紛れもなくホラー映画だ!
──こがけん/芸人

乾いた大地、渇いた男たち。焦土と化した街、燃え尽きた男たち。もはやこれは戦争映画ではない。恐ろしくクールな男たちの闘いのMADな挽歌。不死身のジジイのランボーを凌ぐ闘いのアイデアの数々!このシスをプレイヤーにしてゲームを創りたいくらい!これは超お薦め! 君もシスれ!
──小島秀夫/ゲームクリエイター

「あきらめない」。そのことの重要性を教えてくれる映画は、いかなる作品であろうと本質的に尊い。極めて真摯に誠実に撮られた『SISU』は、ピッケル担いだ髭のじじいの姿を通して人生の真実を垣間見せてくれるのである。あきらめるな! くたばるな!戦え!
──高橋ヨシキ/映画評論家・アートディレクター・サタニスト

シスのは奴らだ! あきらかにバラ(殺)スメント抵触の快感殺戮ムービー、ジジイのツルハシもビンビンの現役硬度とおみうけしたが、如何?
──滝本誠/映画老人

このおじいさんが「SISU」か、と観始めました。 ナチスドイツが、ヨーロッパを侵略していく中で、自然と正義はこちらにあって、いつのまにか応援していました。 世知辛く、生きづらい現代に、生き抜く強さを教えてくれる作品。これから、歳を重ねて「SISU」になります。
──棚橋弘至/新日本プロレス所属プロレスラー

私的今年の流行語大賞、SISUで決まり! もうシスってなんだ?っていわせない。こんなに崇高な魂、ほかにない。
私まで偉業を成し遂げたみたいな快感と達成感。自分の中に眠るSISU、スクリーンで覚醒させちゃってください。痺れた!
──東紗友美/映画ソムリエ

古今東西、『眼下の敵』のように戦場を舞台にした気骨ある男同士の闘い、或いは、『北国の帝王』のように屈強なおっさんVSおっさんを描いた映画にはハズレがない。さらに、かつて最強と恐れられた“おやじ”を描いた映画にもハズレがない。本作は斯様な作品群のハイブリッドだ!
──松崎健夫/映画評論家

〝不死身〟とは、なんぞや? その答えは、この映画にはありません・・・ 〝不死身〟とは、面白い! が、あり。 余計な回想シーン無し、想いにふける暇なし、 ただただ不死身っぷりを目撃せよ!
──山本英夫/漫画家

あのシスの暗黒卿も裸足で逃げ出す圧倒的なパワーと存在感 この北欧の老兵は戦争映画の常識すら変えてしまった
──渡辺麻紀/映画ライター

 

 

Story
第二次世界大戦末期の1944年、ソ連に侵攻され、ナチス・ドイツに国土を焼き尽くされたフィンランド。金塊を掘り当てた老兵アアタミ・コルピは、愛犬ウッコを連れて荒野を旅する中で、ブルーノ・ヘルドルフ中尉率いるナチスの戦車隊に遭遇してしまう。それでも〈ツルハシ1本〉と〈折れない心=SISU〉を武器に、機銃掃射を浴びても、地雷原に追い込まれても、縛り首にあっても、死ぬことなく立ち向かっていく。アアタミの目的地とは?

 

「SISU/シス 不死身の男」

監督・脚本:ヤルマリ・ヘランダー
出演:ヨルマ・トンミラ、アクセル・ヘニー、ジャック・ドゥーラン、ミモサ・ヴィッラモ、オンニ・トンミラ
2022年/フィンランド/カラー/シネスコ/5.1ch/フィンランド語、英語/字幕翻訳:佐藤恵子/原題:SISU/91分/R15+
配給:ハピネットファントム・スタジオ
© 2022 FREEZING POINT OY AND IMMORTAL SISU UK LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://happinet-phantom.com/sisu/