《魂のピアニスト》の素顔に迫る「フジコ・ヘミングの時間」、追悼上映決定

 

苦難を乗り越え、60代で世界に見出された奇跡のピアニスト、フジコ・ヘミング。今年4月21日に92歳で永眠したのを受け、ドキュメンタリー「フジコ・ヘミングの時間」が5月17日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国で追悼上映される。

 

 

パリ、NY、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都など世界を巡るフジコに2年にわたり密着。ツアー演奏とその裏側、世界中にある美しい自宅、愛する猫たち・犬たちとの暮らしを捉え、家族や恋の話を引き出しながら素顔に迫っていく。

幼少時に別れたスウェーデン人の父への複雑な思い、ピアニストの母による厳しいレッスン、ハーフとして受けた差別、貧しい留学生活、音楽での成功を目前にした聴力の喪失など、インタビューおよび少女時代の絵日記を通して語られる波乱万丈のヒストリーに胸が熱くなる。

さらに2017年12月1日、東京オペラシティでのソロコンサートにおける『ラ・カンパネラ』をほぼフルバージョンで収録。生きざまが滲み出るような圧巻の演奏は見逃せない。

 

 

「フジコ・ヘミングの時間」

出演:フジコ・ヘミング ナレーション:三浦透子 監督・構成:小松莊一良
115分/配給:日活
©2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ
劇場情報:https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=fuzjkomovie