ミア・ワシコウスカ主演×ジェシカ・ハウスナー監督。《食べない》健康法の行き着く先は?「クラブゼロ」

 

教師が導く《食べない》健康法。その先に待つのは幸福か、破滅か──。「リトル・ジョー」(2019)のジェシカ・ハウスナー監督がミア・ワシコウスカ主演で描き、第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された「クラブゼロ」が、12月6日(金)より新宿武蔵野館ほか全国で公開。本ビジュアルが到着した。

 

 

名門校に赴任した栄養学の教師ノヴァク(ミア・ワシコウスカ)は、“意識的な食事”(conscious eating)を生徒たちに教える。それは「少食は健康的であり、社会の束縛から自分を解放できる」との考えに基づく食事法だ。

生徒たちはのめり込み、事態はエスカレート。保護者らが異変に気づいた時には手遅れで、生徒たちは謎めいた〈クラブゼロ〉に参加することに。そうして行き着く究極の健康法、ならびにノヴァクの目的とは──?

「全盛期のキューブリックを彷彿させる冷静な眼差し」(THE FILM VERDICT)、「毒々しいユーモアを放つ作品」(FRANCE INTER)などと評された本作。劇場公開に先駆けて〈オーストリア映画週間2024 -Our Very Eye 揺るぎなき視線〉(6月29日より開催)でも上映され、監督が登壇予定となっている。異様なるイニシエーション・スリラーに注目したい。

 

「クラブゼロ」

出演:ミア・ワシコウスカ
脚本・監督:ジェシカ・ハウスナー 撮影:マルティン・ゲシュラハト
2023年/オーストリア・イギリス・ドイツ・フランス・デンマーク・カタール/5.1ch/アメリカンビスタ/英語/110分/原題:CLUB ZERO/字幕翻訳:髙橋彩/配給:クロックワークス
© COOP99, CLUB ZERO LTD., ESSENTIAL FILMS, PARISIENNE DE PRODUCTION, PALOMA PRODUCTIONS, BRITISH BROADCASTING CORPORATION, ARTE FRANCE CINÉMA 2023
公式サイト:klockworx-v.com/clubzero/