アマデウス

あまでうす
上映日
1985年2月2日

製作国
アメリカ

制作年
1984
レーティング
ジャンル
ドラマ

check解説

若くして逝った天才音楽家ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトと宮庭音楽家アントニオ・サリエリの対決を通してモーツァルトの謎にみちた生涯を描く。製作はソウル・ゼインツ、監督は「ラグタイム」のミロシュ・フォアマン。ピーター・シェーファーが舞台のために書いた脚本を自ら映画のために書き直した。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・ハウスマンとバーティル・オールソン、撮影はミロスラフ・オンドリチェク、音楽監督・指揮はネヴィル・マリナー、美術はカレル・サーニー、衣裳はテオドール・ピステック、編集はネーナ・デーンヴィックとマイケル・チャンドラー、プロダクションデザインはP・フフォン・ブランデンシュタイン、オペラ舞台デザインはヨゼフ・スボボダが担当。出演はF・マーリー・エイブラハム、トム・ハルスなど。日本版字幕は戸田奈津子。ドルビーステレオ、テクニカラー、パナビジョン。1984年作品。
映画館で観る
配信で観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「アマデウス」のストーリー

1823年11月、凍てつくウィーンの街で1人の老人が自殺をはかった。「許してくれモーツァルト、おまえを殺したのは私だ」、老人は浮わ言を吐きながら精神病院に運ばれた。数週間後、元気になった老人は神父フォーグラー(リチャード・フランク)に、意外な告白をはじめた。--老人の名はアントニオ・サリエリ(F・マーリー・エイブラハム)。かつてはオーストリア皇帝ヨゼフ二世(ジェフリー・ジョーンズ)に仕えた作曲家だった。神が与え給うた音楽の才に深く感謝し、音楽を通じて神の下僕を任じていた彼だが、神童としてその名がヨーロッパ中に轟いていたウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(トム・ハルス)が彼の前に出現したときその運命が狂い出した。作曲の才能は比類なかったが女たらしのモーツァルトが、サリエリが思いよせるオベラ歌手カテリナ・カヴァリエリ(クリスティン・エバソール)に手を出したことから、彼の凄まじい憎悪は神に向けられたのだ。皇帝が姪の音楽教師としてモーツァルトに白羽の矢を立てようとした時、選考の権限を持っていたサリエリはこれに反対した。そんな彼の許へ、モーツァルトの新妻コンスタンツェ(エリザベス・ベリッジ)が、夫を音楽教師に推薦してもらうべく、音譜を携えて訪れた。コンスタンツェは苦しい家計を支えるために、何としても音楽教師の仕事が欲しかったのだ。フルートとハープの協奏曲、2台のピアノのための協奏曲…。 譜面の中身は訂正・加筆の跡がない素晴らしい作品ばかりだった。再びショックに打ちのめされたサリエリは神との永遠の訣別を決意した。神はモーツァルトの方を下僕に選んだのだ。ある夜の、仮面舞踏会。ザルツブルグから訪れた父レオポルド(ロイ・ドートリス)、コンスタンツェと共に陽気にはしゃぎ回るモーツァルトが、サリエリの神経を逆撫でする。天才への嫉妬と復讐心に燃えるサリエリは、若きメイドをスパイとしてモーツァルトの家にさし向けた。そして復讐のときがやってきた。皇帝が禁じていたオペラ「フィガロの結婚」の上演をモーツァルトが計画したのだ。サリエリがスパイから得た情報を皇帝に密告したとも知らず、モーツァルトはサリエリに助けを求める。それを放っておくサリエリ。やがて父レオポルドが死んだ。失意のモーツァルトは酒と下品なパーティにのめり込んでいく。そして金のために大衆劇場での「ドン・ジョバンニ」作曲に没頭していくモーツァルトに、サリエリが追い打ちをかける。変装したサリエリがモーツァルトにレクイエムの作曲を依頼したのだ。金の力に負けて作曲を引き受けるモーツァルトだが、精神と肉体の疲労は想像以上にすさまじく、「魔笛」上演中に倒れてしまう。コンスタンツェが夫のあまりの乱行に愛想をつかし旅に出てしまったために無人になった家に、モーツァルトを運び込むサリエリ。仮装した彼は衰弱したモーツァルトにレクイエムの引き渡しを迫る。サリエリは作曲の協力を申し出て、一晩かかってレクイエムを仕上げさせるが、翌朝、サリエリが強いた過酷な労働のためか、モーツァルトは息を引きとった。モーツァルト35歳、1791年12月のことだった。すべてを告白し、いまや老いさらばえたサリエリひとりが、惨めな生を生きるのだった。

「アマデウス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アマデウス」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1984
公開年月日 1985年2月2日
製作会社 ソウル・ゼインツ・カンパニー作品
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2010年8月上旬号 午前十時の映画祭 「アマデウス」「ライトスタッフ」
1985年3月下旬号 午前十時の映画祭 「アマデウス」「ライトスタッフ」
外国映画紹介 アマデウス
「アマデウス」監督 ミロシュ・フォアマン・インタビュー
1985年3月上旬号 午前十時の映画祭 「アマデウス」「ライトスタッフ」
外国映画紹介 アマデウス
「アマデウス」監督 ミロシュ・フォアマン・インタビュー
外国映画批評 アマデウス
1985年1月下旬号 午前十時の映画祭 「アマデウス」「ライトスタッフ」
外国映画紹介 アマデウス
「アマデウス」監督 ミロシュ・フォアマン・インタビュー
外国映画批評 アマデウス
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 分析採録
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 プロダクション・ノート
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 作品評
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 座談会 小田島雄志・山口昌男・川本三郎
グラビア アマデウス
1986年2月下旬決算特別号 午前十時の映画祭 「アマデウス」「ライトスタッフ」
外国映画紹介 アマデウス
「アマデウス」監督 ミロシュ・フォアマン・インタビュー
外国映画批評 アマデウス
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 分析採録
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 プロダクション・ノート
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 作品評
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 座談会 小田島雄志・山口昌男・川本三郎
グラビア アマデウス
特別カラー・グラビア 外国映画作品賞 「アマデウス」
1984年11月下旬号 午前十時の映画祭 「アマデウス」「ライトスタッフ」
外国映画紹介 アマデウス
「アマデウス」監督 ミロシュ・フォアマン・インタビュー
外国映画批評 アマデウス
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 分析採録
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 プロダクション・ノート
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 作品評
特集 アマデウス ミロス・フォアマン監督作品 座談会 小田島雄志・山口昌男・川本三郎
グラビア アマデウス
特別カラー・グラビア 外国映画作品賞 「アマデウス」
試写室 アマデウス