機動戦士ガンダム SEED FREEDOM

きどうせんしがんだむしーどふりーだむ
上映日
2024年1月26日

製作国
日本

制作年
2024
上映時間
124分

レーティング
一般映画
ジャンル
SF アクション 戦争 ドラマ

check解説

2002年より放送の『機動戦士ガンダムSEED』および2004年からの『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のアニメシリーズ続編。C.E.75、2つの人類の対立がくすぶり続ける中、世界平和監視機構コンパスが創設され、キラたちはその一員として各地の戦闘に介入する。『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を手がけた福田己津央監督が続投。声優陣は保志総一朗、田中理恵、石田彰らが続投、カガリ・ユラ・アスハの声を『キラキラ☆プリキュアアラモード』の森なな子が担当。また、アウラ・マハ・ハイバル役の田村ゆかり、オルフェ・ラム・タオ役の下野紘、シュラ・サーペンタイン役の中村悠一、イングリット・トラドール役の上坂すみれ、リデラード・トラドール役の福圓美里、ダニエル・ハルパー役の松岡禎丞、リュー・シェンチアン役の利根健太朗、グリフィン・アルバレスト役の森崎ウィンが新たに参加する。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「機動戦士ガンダム SEED FREEDOM」のストーリー

遺伝子調整により生まれながらにして優れた身体能力や頭脳を有する人類コーディネイターと自然のままに生まれた人類ナチュラルの間では、己の存在をかけた思想が衝突し、武力を用いた戦争へと発展していった。個々へ役割を強制的に与え競争のない世界を創成するデスティニープランというシステムが提唱されたが、人類の自由な未来と希望を守るため、戦いの中、デスティニープランは拒絶される。多くの犠牲を払い戦争は終結を迎えたものの、2つの人類の対立と憎しみは各地にくすぶり続けていた。C.E.75、独立運動やブルーコスモスによる侵攻が起き、事態を沈静化するべく、ラクスを初代総裁とする世界平和監視機構コンパスが創設され、キラたちはその一員として各地の戦闘に介入。そんな中、新興国ファウンデーションからブルーコスモス本拠地への合同作戦を提案され……。

「機動戦士ガンダム SEED FREEDOM」の写真

「機動戦士ガンダム SEED FREEDOM」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「機動戦士ガンダム SEED FREEDOM」のスペック

基本情報
ジャンル SF アクション 戦争 ドラマ
製作国 日本
製作年 2024
公開年月日 2024年1月26日
上映時間 124分
製作会社 バンダイナムコフィルムワークス(企画・制作:サンライズ)
配給 バンダイナムコフィルムワークス=松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://www.gundam-seed.net/freedom/
コピーライト (C)創通・サンライズ