恋わずらいのエリー

こいわずらいのえりー
上映日
2024年3月15日

製作国
日本

制作年
2024
上映時間
108分

レーティング
一般映画
ジャンル
ラブロマンス コメディ 青春

check解説

藤ももの人気少女漫画を、「渇水」の宮世琉弥と「ミステリと言う勿れ」の原菜乃華のW主演で実写化したラブストーリー。学校で一番爽やかなオミくんとの妄想をSNSにつぶやくエリーだったが、ある日オミくんの裏の顔を知り、さらには恥ずかしい妄想がバレ……。監督は、「覆面系ノイズ」の三木康一郎。表と裏の顔のあるオミくんを宮世琉弥が、妄想が大好きなエリーを原菜乃華が、オミくんの叔父である国語教師・汐田澄を「わたしに××しなさい!」の小関裕太が演じる。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「恋わずらいのエリー」のストーリー

地味で目立たない女子高生のエリー(原菜乃華)は、学校で一番爽やかなオミくん(宮世琉弥)を眺め、彼との妄想を“恋わずらいのエリー”という名前でSNSにつぶやくことが唯一の楽しみだった。しかしある日、オミくんには口の悪い裏の顔があることを知ってしまい、さらにはエリーの恥ずかしい妄想を彼に知られてしまう。ところがオミくんはそんなエリーを面白がり、二人は急接近。オミくんの裏の顔にショックを受けていたエリーだったが、彼の素の姿を知るに連れて益々惹かれていく。そしてオミくんをきっかけに、現実の男子に興味がない美少女・紗羅(白宮みずほ)や、ヤンキーのような風貌ながら紗羅に一途に思いを寄せる先輩・礼雄(綱啓永)などと友達になる。そんな中、クラスメイトの要くん(西村拓哉)にもエリーが“恋わずらいのエリー”であることを知られ、エリーに興味を持った要くんまで近づいてきて……。

「恋わずらいのエリー」の映像

「恋わずらいのエリー」の写真

「恋わずらいのエリー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋わずらいのエリー」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス コメディ 青春
製作国 日本
製作年 2024
公開年月日 2024年3月15日
上映時間 108分
製作会社 松竹=日本テレビ放送網=読売テレビ放送=ジェイアール東日本企画=講談社=S・D・P=STV=MMT=SDT=CTV=HTV=FBS(制作プロダクション:松竹撮影所/制作協力:松竹映像センター)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト http://movies.shochiku.co.jp/lovesickellie
コピーライト (C)2024「恋わずらいのエリー」製作委員会 (C)藤もも/講談社