観月ありさ ミヅキアリサ

  • 出身地:東京都練馬区
  • 生年月日:1976/12/05

略歴 / Brief history

東京都練馬区の生まれ。4歳の時から子役モデルとして活動し、中学時代は雑誌『Olive』『non・no』などのグラビアを飾る。1988年のテレビ東京『あぶない少年Ⅲ』でテレビドラマに初出演する一方、90年のレナウンのCMなどで、八頭身の抜群のスタイルと美貌がたちまち注目される。91年、フジテレビ『もう誰も愛さない』で本格的に女優に転身すると、同年の大河原孝夫監督「超少女REIKO」で学園を襲う悪霊と戦う超能力少女・玲子を演じ、映画初出演にして主演デビューを飾る。この年は『伝説の少女』で歌手としてもデビューし、日本レコード大賞新人賞を受賞。翌92年のフジテレビ『放課後』でドラマ初主演のあと、同局『じゃじゃ馬ならし』93、『ヘルプ!』95、TBS『いつも心に太陽を』94などの連ドラで次々に主演を飾り、一躍トップアイドルの座についた。96年、本広克行監督「7月7日、晴れ」では、平凡な会社員(萩原聖人)と恋に落ちる人気スターをみずみずしく演じる。同年のフジテレビ『ナースのお仕事』では、明るさだけが取り柄のドジなナース・朝倉いずみをコミカルに演じ、幅広い年齢層から支持を得る。同作は2002年までに計4作とスペシャル版1作、両沢和幸監督による映画版「ナースのお仕事ザ・ムービー」02も作られる最大の代表作となった。その後もテレビドラマを中心に活躍が続き、TBS『いちばん大切なひと』97、『おひとりさま』09、フジテレビ『ボーイハント』98、『天使のお仕事』99、『私を旅館に連れてって』01、『ダイヤモンドガール』03、『鬼嫁日記』05・07、日本テレビ『あした天気になあれ』03、『CAとお呼びっ!』06、『斉藤さん』『OLにっぽん』08、NHK『天使のわけまえ』10など、コメディからシリアスまで幅広く主演。初主演作の『放課後』から11年のTBS『華和家の四姉妹』まで、実に20年連続で連ドラの主演をつとめるという驚異的な記録を樹立し、ギネスブックにも認定された。この間、映画では阪本順治監督「ぼくんち」03で、さびれた島を出奔した母に代わって、父親が違うふたりの幼い弟を養うピンサロ嬢・かの子を好演し、新境地を開く。ほか、両沢監督「KEEP ON ROCKIN'」03、「BABY BABY BABY!」09、薗田賢次監督「鳶がクルリと」05などに出演。テレビドラマはほかに、テレビ朝日『吉原炎上』07、『肉体の門』08、『鬼龍院花子の生涯』10、フジテレビ『サザエさん』09~11などがある。

観月ありさの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 劇場版 ルパンの娘

    制作年: 2021
    代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との許されぬ恋を描く、深田恭子主演のTVドラマシリーズ劇場版。泥棒一家“Lの一族”の父・尊が引退を決意し、迷惑をかけてきた華と和馬にちょっと遅めの新婚旅行をプレゼントする。しかしその真の目的はある秘宝だった。ドラマ版の演出を手がけていた「翔んで埼玉」の武内英樹監督が、引き続き監督。“Lの一族”の娘・三雲華役の深田恭子、警察一家の息子・桜庭和馬役の瀬戸康史らおなじみのキャスト陣に加え、観月ありさが物語のキーを握るもう一人のLの一族・三雲玲を演じる。
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

    制作年: 2017
    シリーズ累計発行部数1億を越える荒木飛呂彦の人気コミックを、三池崇史が実写映画化。“スタンド”と呼ばれる特殊能力を持つ高校生・東方仗助が暮らす杜王町で、変死事件が続発。それが別のスタンド使いの仕業だと知った仗助は、町を守るために立ち上がる。出演は「斉木楠雄のΨ難」の山﨑賢人、「3月のライオン 前編/後編」の神木隆之介、「沈黙 -サイレンス-」の小松菜奈、「忍びの国」の伊勢谷友介。
    60
  • 映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)

    制作年: 2015
    藤子・F・不二雄の漫画を原作に、国内外問わず広くから人気を集めるアニメ『ドラえもん』の劇場版第35作目。のび太たちがドラえもんのひみつ道具を使い本格的なヒーロー映画を作っていたところ、地球に不時着した異星人に本物のヒーローと間違われる。監督は『ドラえもん』シリーズや「おまえうまそうだな」など数多くの作品の原画や作画を担当、本作が監督デビュー作となる大杉宜弘。脚本は「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち~」より5作連続で携わっている清水東。『ポケットモンスター ベストウイッシュ』の水田わさび、『それでも町は廻っている』の大原めぐみら、2005年より各キャラクターを担当しているお馴染みの声優陣が集結。映画ドラえもん35周年記念作品。
  • 人類資金

    制作年: 2013
    GHQに接収された旧日本軍の秘密資金と言われているM資金をめぐる社会派ミステリー。監督は「北のカナリアたち」「KT」など骨太な作品を数多く輩出する阪本順治。原作は『亡国のイージス』でも阪本監督と組んだ福井晴敏の書き下ろし小説。謀殺された父と同じM資金詐欺の道に踏み込み不可解な出来事に巻き込まれていく男を「ザ・マジックアワー」「KT」の佐藤浩市が演じる。ほか、「座頭市 THE LAST」の香取慎吾、「苦役列車」の森山未來、「ぼくんち」の観月ありさ、「北の零年」の石橋蓮司、「春との旅」の仲代達矢らが出演。また、「エッセンシャル・キリング」のヴィンセント・ギャロや「オールド・ボーイ」のユ・ジテといった海外実力派俳優も参加。
  • 映画 妖怪人間ベム

    制作年: 2012
    1968年から放送された怪奇アニメシリーズを元にしたテレビドラマの劇場版。“人間になりたい”と願いながら、人間を守るために戦い続けた3人の妖怪人間、ベム、ベラ、ベロのその後が描かれる。出演は「ごくせん THE MOVIE」の亀梨和也、「おかえり、はやぶさ」の杏、「ちょんまげぷりん」の鈴木福。
  • ベイビィ ベイビィ ベイビィ!

    制作年: 2009
    TVドラマ『ナースのお仕事』のスタッフ、キャストが再結集したコメディ。突然の妊娠に戸惑うキャリアウーマンと周囲の妊婦たちの騒動を描く。監督・脚本は「Dear Friends ディアフレンズ」の両沢和幸。出演は「鳶がクルリと」の観月ありさ、「相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」の松下由樹、「ハンサム・スーツ」の谷原章介など。