森村泰昌 モリムラヤスマサ

  • 出身地:大阪府
  • 生年月日:1951年6月11日

森村泰昌の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • FILAMENT フィラメント

    制作年: 2002
    機能不全に陥っている家族の再生を描くドラマ。監督・脚本は「ほとけ」の辻仁成。撮影を「ほとけ」の蔦井孝洋が担当している。主演は「リリイ・シュシュのすべて」の大沢たかお、映画初出演の井川遥、「森村泰昌 女優家の仕事」の森村泰昌。スーパー16ミリからのブローアップ。
  • ギ・装置M

    制作年: 1996
    海外で評価の高い映像クリエイター・伊藤高志の実験短編。出演:森村泰昌。初公開は横浜美術館─森村泰昌展「美に至る病-女優になった私」。
  • 森村泰昌 女優家の仕事

    制作年: 1996
    美術史上の名画に自らがなるというセルフ・ポートレイト作品で現代のアートシーンに登場したアーティスト・森村泰昌の、「女優シリーズ」の個展開催にいたるまでの様々な創作活動をとらえたドキュメンタリー。森村が新たなモチーフとして選んだ“女優”の創作を中心に、「昼顔」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「ひまわり」のソフィア・ローレン、「カサブランカ」のイングリッド・バーグマン、「俺たちに明日はない」のフェイ・ダナウェイや、マリリン・モンロー、ジェーン・フォンダ、オードリー・ヘップバーン、マレーネ・デートリッヒ、ジョディ・フォスター、原節子、岩下志麻、山口百恵とオリジナルに酷似した衣裳とメイクで変身し、カメラの前でポーズをとってみせたりする彼の姿をとらえていく。監督は「廃墟から光へ/ジョルジュ・ルース」の岸本康。“第2回アート・ドキュメンタリー映画祭”の中の1本としてプロジェクター上映された。