スカーレット・ヨハンソン スカーレットヨハンソン

  • 出身地:アメリカ・ニューヨーク州
  • 生年月日:1984年11月22日

略歴 / Brief history

アメリカ・ニューヨーク市生まれ。8歳のときに初めてオフ・ブロードウェイの舞台に立ち、94年の「ノース/小さな旅人」で端役ながらスクリーン・デビュー。96年には初主演作「のら猫の日記」が高く評価され、「モンタナの風に吹かれて」(98)、「ゴーストワールド」(01)で実力と知名度を着実に上げる。さらに03年には、ソフィア・コッポラ監督の「ロスト・イン・トランスレーション」や「真珠の耳飾りの少女」に出演し、英国アカデミー賞ではこの2作で主演女優賞のダプル候補という快挙を達成。その後はウディ・アレン監督の「マッチポイント」(05)からハリウッド大作まで、幅広いフィールドでの活動が続いている。

スカーレット・ヨハンソンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • SING シング:ネクストステージ

    制作年: 2021
    劇場再建に奔走する支配人バスターと人生を変えようとする動物たちの挑戦を描いたイルミネーション製作のアニメ「SING/シング」の続編。バスターたちはエンターテイメントの聖地での新たなショーに挑むため、伝説のロック歌手クレイの復帰公演を企画する。前作から引き続き「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングスが監督。バスターの声をマシュー・マコノヒーらが続投するほか、妻の死後歌うことを止めたクレイ・キャロウェイの声をロックバンドU2のボノが担当。日本語吹替版でもバスター役の内村光良はじめ主要声優陣が再集結し、アイドルグループSixTONESのジェシーやBiSHのアイナ・ジ・エンドらが新たに参加する。
  • ブラック・ウィドウ(2021)

    制作年: 2021
    「アベンジャーズ」シリーズはじめマーベル・シネマティック・ユニバース作品に登場するブラック・ウィドウを主人公にしたSFアクション。“レッドルーム”に“妹”を残しヒーローになり後悔するブラック・ウィドウは、 “家族”との再会により過去と向き合う。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」直後を舞台に、元ロシアのスパイであるブラック・ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)の過去と秘密に触れる。監督は「ベルリン・シンドローム」のケイト・ショートランド。ブラック・ウィドウを引き続きスカーレット・ヨハンソンが演じる。
  • ジョジョ・ラビット

    制作年: 2019
    「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティが監督・脚本・出演を兼任したコメディ。第二次世界大戦下のドイツ。心優しい10歳の少年ジョジョは、立派な兵士になるため、空想上の友だち“アドルフ”の助けを借りて、日々奮闘するが……。出演は新人のローマン・グリフィン・デイビス、「ピッチ・パーフェクト ラストステージ」のレベル・ウィルソン、「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェル、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のスカーレット・ヨハンソン。
    90
  • マリッジ・ストーリー

    制作年: 2019
    Netflixオリジナル映画。12月6日より全世界同時配信。日本では配信に先駆けて劇場にて限定公開。第32回東京国際映画祭特別招待作品。女優のニコール(スカーレット・ヨハンソン)とその夫で監督兼脚本家のチャーリー(アダム・ ドライバー)の結婚生活の葛藤と離婚に向けた心情を描くヒューマンドラマ。
  • アベンジャーズ/エンドゲーム

    制作年: 2019
    大ヒットシリーズ「アベンジャーズ」完結編。最強を超える敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命の半分が滅ぼされる。残されたキャプテン・アメリカ、アイアンマンらヒーローたちは再び集結し、最後にして史上最大の逆襲に挑む。監督は、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。出演は、「アイアンマン」のロバート・ダウニーJr.、「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース、「グランド・イリュージョン」のマーク・ラファロ、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンス、「ゴースト・イン・ザ・シェル」のスカーレット・ヨハンソン、「ウインド・リバー」のジェレミー・レナー、「アントマン」のポール・ラッド、「キャプテン・マーベル」のブリー・ラーソン。
    88
  • 犬ヶ島

    制作年: 2018
    第68回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞したウェス・アンダーソンのストップモーション・アニメーション。近未来の日本。愛犬スポッツを救うため、犬たちが追放された犬ヶ島を訪れた12歳の少年アタリは、心優しい5匹の犬と出会う……。声の出演には、ブライアン・クランストン(「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」)、エドワード・ノートン(「グランド・ブダペスト・ホテル」)、ビル・マーレイ(「ヴィンセントが教えてくれたこと」)ら豪華スターに加え、夏木マリ(「生きる街」)、渡辺謙(「怒り」)、野田洋次郎(「トイレのピエタ」)といった日本人も参加。
    80

今日は映画何の日?

注目記事