ジョナサン・デミ ジョナサンデミ

  • 出身地:アメリカ
  • 生年月日:1944年2月22日
  • 没年月日:2017年4月26日

ジョナサン・デミの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 幸せをつかむ歌

    制作年: 2015
    メリル・ストリープが娘メイミー・ガマーと母娘役で共演したドラマ。自分の夢を追ってミュージシャンになるために家族を捨てた母親が、離婚で傷ついた娘と20年ぶりに再会。歌を通じて長年の確執を乗り越え、家族の絆を取り戻してゆく。メリル・ストリープは劇中でギターを演奏するとともに、歌声も披露。監督は「レイチェルの結婚」のジョナサン・デミ。
    90
  • ブルックリンの恋人たち

    制作年: 2014
    「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイが主演と製作を務めたラブロマンス。事故で昏睡状態となった弟の日記を基に彼の歩んだ道を辿る女性と人気ミュージシャンの甘く切ない恋を描く。共演は『タイムクルセイド ドルフと聖地騎士団』のジョニー・フリン、「メルビンとハワード」のメアリー・スティーンバージェン。監督・脚本は、本作が長編デビューとなるケイト・バーカー=フロイランド。
    60
  • コーマン帝国

    制作年: 2011
    監督作50本超、プロデュース作にいたっては500本を超える作品を世に送り出してきたロジャー・コーマンの映画人生を描くドキュメンタリー。監督は本作が長編デビューとなるアレックス・ステイプルトン。
  • レイチェルの結婚

    制作年: 2008
    「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイが主演、アカデミー賞ノミネートを始め、数々の映画賞を受賞したホームドラマ。姉の結婚式に出席するために麻薬中毒の更正施設から帰宅する妹。そのことによって明らかになる家族の不協和音と途切れることのない絆を描き出す。監督は「羊たちの沈黙」でオスカー受賞のジョナサン・デミ。
    80
  • クライシス・オブ・アメリカ

    制作年: 2004
    マインド・コントロールにより米国国家の命運を操ろうとする陰謀を描いた政治サスペンス。監督・製作は「愛されし者」のジョナサン・デミ。脚本は「トータル・フィアーズ」のダニエル・パイン、「ペイチェック/消された記憶」のディーン・ジョーガリス。原作はリチャード・コンドンの小説(一度「影なき狙撃者」として映画化)。撮影は「愛されし者」「サイン」のタク・フジモト。音楽は「愛されし者」「白いカラス」のレイチェル・ポートマン。編集は「愛されし者」「アニバーサリーの夜に」のキャロル・リトルトン。衣裳は「ロード・トゥ・パーディション」のアルバート・ウォルスキー。出演は「マイ・ボディガード」のデンゼル・ワシントン、「めぐりあう時間たち」のメリル・ストリープ、「トータル・フィアーズ」のリーヴ・シュレイバー、「パール・ハーバー」のジョン・ヴォイト、「愛されし者」「ジョンQ/最後の決断」のキンバリー・エリス、「D―TOX」のジェフリー・ライト、「ベニスに恋して」のブルーノ・ガンツほか。
    70
  • アダプテーション

    制作年: 2002
    創作に悩む脚本家を中心に、虚構と現実が交錯していく異色コメディ。監督は「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ。製作総指揮・脚本は「マルコヴィッチの穴」「コンフェッション」のチャーリー・カウフマン。共同脚本に、劇中チャーリーの双子の弟役として登場するドナルド・カウフマンがクレジットされている。原作はスーザン・オーリアンのノンフィクション「蘭に魅せられた男」。撮影は「イノセント・ボーイズ」のランス・アコード、音楽は「オールド・ルーキー」のカーター・バーウェル、美術は「ヒューマンネイチュア」のK・K・バーレットで、いずれも「マルコヴィッチの穴」に続いての起用。出演は「ウインドトーカーズ」のニコラス・ケイジ、「めぐりあう時間たち」のメリル・ストリープ、「ボーン・アイデンティティ」のクリス・クーパー、「バニラ・スカイ」のティルダ・スウィントン、「コンフェッション」のマギー・ギレンホール、「X―メン2」のブライアン・コックス、「ギャング・オブ・ニューヨーク」のカーラ・シーモアほか。2003年アカデミー賞最優秀助演男優賞、ゴールデングローブ賞最優秀助演女優賞、最優秀助演男優賞、ベルリン国際映画祭審査員特別賞ほか多数受賞。