頭痛が痛い

ずつうがいたい
上映日
2022年6月3日

製作国
日本

制作年
2020
上映時間
108分

ジャンル
ドラマ

check解説

生きづらさを抱える女子高生二人の支え合いを描きPFFアワード2020審査員特別賞に輝いた人間ドラマ。自傷行為を繰り返す不登校気味の鳴海と、気持ちを吐き出せないいく。いくが他人の家に遺書を投函するのを鳴海が目撃したことから、二人は苦しみを共有する。監督は、脚本『幸福なLINE』が第28回新人シナリオコンクール佳作1位に入選した守田悠人。本作で初めてメガホンを取った。いくを映画初出演の阿部百衣子が、鳴海をモデル・俳優のせとらえとが演じる。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 脚本家、映画監督
    井上淳一
    遺書を入れた檸檬色の封筒を無作為に投函する少女は、自傷癖の同級生にそれを梶井基次郎の『檸檬』よろしく爆弾だと告げる。やがて二人は「もう頑張るのやめよ」と日常を捨... もっと見る
  • 日本経済新聞編集委員
    古賀重樹
    SNS時代の自殺願望をめぐる物語。「死にたい」「死にたい」とつぶやく高校生はいつの時代もいるし、親や教師の無理解と断絶も今に始まったことではない。さしはさまれる... もっと見る
  • 映画評論家
    服部香穂里
    死にたがり女子高生ふたりの運命が交錯し、ボルテージが高まる校内アナウンス場面をハイライトに、それに続く肝心の友情ストーリーが、イマイチはずまない。映画には自暴自... もっと見る

「頭痛が痛い」のストーリー

東京オリンピックに向け新国立競技場の建設が進む2018年、東京。家庭不和を抱える不登校気味の高校生・鳴海(せとらえと)は、ライブ配信を行うことで行き場の無さを埋めようとしていた。同級生・いく(阿部百衣子)はいつも明るく振る舞っているものの、内に抱える形容しがたい憂鬱な気持ちを吐き出せずにいる。二人はいくが鳴海のライブ配信を見るという一方通行の関係であったが、ある日いくが憂鬱を晴らそうとして梶井基次郎の『檸檬』のように赤の他人の家に遺書を投函するところを鳴海が目撃。その遺書を読んだ鳴海とフリージャーナリストの直樹(鐘ヶ江佳太)は、いくが発するSOSを感じ……。

「頭痛が痛い」の映像

「頭痛が痛い」の写真

「頭痛が痛い」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「頭痛が痛い」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2022年6月3日
上映時間 108分
配給 アルミード
アスペクト比 16:9
音量 ステレオ
公式サイト https://zutsugaitai-movie.com/
コピーライト (C)KAMO FILMS

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2022年6月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「頭痛が痛い」
2022年6月上旬号 UPCOMING 新作紹介 「頭痛が痛い」